書籍・雑誌

2019年2月17日 (日)

『戦いの日本史

武士の時代を読み直す』(本郷和人著)を読む。

 子どもの頃から疑問だった「『京都に上洛して天下号令』っていうけど、その時京都周辺の大名は天下に号令できてないじゃん」「なのに何で京都を目指すのか?」ということがおぼろげながら分かった。そもそもが「京都に上洛して天下号令」という前提が怪しかったようだ。

 他にも、「桶狭間の合戦は奇襲ではないのでは」という面白い見方もあった。説得力もあった。

 それにしても、ところどころ「本郷恵子」氏の著作が引用される。「本郷恵子って?」と調べたら奥さんのことだった。ちょっと面白い。こういうのもネットですぐわかる時代。

 今日は20kmを適当に。キロ7分02秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

噂の真相

 今、ネットニュース見たら『噂の真相』編集長だった岡留安則氏の訃報があった。驚いて「あ!」と声が出てしまった。71歳である。まだ若い。

 休刊になって15年。筒井康隆経由でこの雑誌の存在を知り、いつからか忘れたが定期購読していた。わが家には定期購読してから休刊までの『噂真』や別冊がある。もうあんな雑誌はないんだろうなあ。

 昨日は5km。今日は休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

全裸監督

(本橋信弘著)を読み進めている。村西とおる監督の一代記である。

 滅茶苦茶面白い。怪人の一代記なので当然この本も「怪著」である。いつも数冊平行して読んでいるんだけど、他の本が軒並みストップしてしまった。

 著者は監督ともよく仕事を一緒にした人のようだ。知らなかったのだが、AV界で栄耀栄華を極める前に、裏本の世界で、そしてその前は英語の教材販売で営業成績トップをとり続けていたという・・。

 AV界の栄耀栄華から没落へ。その過程はまるで一つの「国家」が滅びていく過程のようでもある。読みながら、側近中の側近の日比野氏が去っていくところなど「うーむむむ」と考えてしまった。

 何と、AMAZONで見たら今年ネットTV?で実写化するらしい。主演山田孝之。どこまで映像化するんだろう・・大丈夫か?

 先々週が八丈島でハーフ。先週が30kmの練習会的なもの。疲れが溜まったようなので、今日は3時間のLSD。24km。疲れているのに3時間も走るというのが、走ってない人からすると「馬鹿か?」という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

孤狼の血

(柚月裕子著)を読了。

 広島の呉らしい町を舞台にしたヤクザ&警察小説。映画化もされている。ラスト近くになると「ええーまさか大上さんがああ!」っていう展開だったが、ラストそのものは「まあ、そうだろうなあ」という展開。しかし、面白かった、というか、面白くない本はここではあんまり紹介しないのだが。

 暴対法ができて、半グレを含めた暴力集団の犯罪は減ったのだろうか?

 これって続編もあるようだ。

 昨日は隙間な時間ができて2kmのジョグ。今日は7kmをペース走。キロ4分38秒。ラスト1kmまでは4分41秒だったのだが。目標は4分35秒だが、まだまだだ。前後のジョグで合計10km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

花渡る海

(吉村昭著)を八丈島の旅行中に読了。

 面白かった。主人公は江戸時代の川尻の船乗りである。大阪から江戸に酒を運ぶ船に乗っていたが、漂流してしまい苦難の連続。それから何とか極東ロシアへたどり着くのだが、そこでも命がけの苦難の連続。地元にこんな人がいたなんて驚きである。

 あの高田屋嘉兵衛とともに日本に帰り、郷里広島に戻るとロシアで学んだ種痘の方法を伝えようとして、浅野藩の重役に説明するのだが・・・。

 調べたら、川尻でも地元の偉人として墓等が整備されていた。

 今日は7kmのジョグ。キロ7分30秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

殺人の門

 (東野圭吾著)を読了。

 前に読んだことがあるような、ないような・・と思いながら読み進める。amazonレビューでも悪い評価の人たちが書いているが、主人公の不甲斐なさというか、だまされやすさにイライラする。

 しかし、「結末・・憶えてない(読んでない?)。」ということで「これってラストどうなるんだ?」とやっぱり読み進める。主人公から見れば幼馴染にして悪人「倉持」なんだけど、植物人間になってしまい見舞いに来る人々の様子を見れば、周囲からは結構な信用を得ているのがわかる。そして、ラストに小学生の時のあの事件で主人公が追い詰められた真相が・・。

 読みながら「不愉快な小説」なのだが、読み進めてしまうパターンであった。

 今日は13kmをキロ6分47秒で走った後に自販機給水をしてトイレ(大)に。、トイレ(大)に入ろうとしたら、中におっさんが入っていた!おっさん、鍵を忘れたらしい。よほど慌ててたのか・・。お互い「あ、ごめんなさい。」ということに・・。それから7kmをペース走のつもりで走る。キロ4分50秒。うーん、7kmなのにこのペース・・。その後クールダウンで1km。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

ハンニバル戦争

 (佐藤賢一著)を読了。あいかわらずカタカナの地名が苦手なので、そこらへんは適当に読み飛ばす。

 「ハンニバル戦争」なんだけど、主人公は(大)スキピオの話。軍事の天才ハンニバルに凡才・・ではない秀才スキピオが挑む。面白く読めた。西洋史は苦手なんだけど、佐藤さんの小説おかげで、興味が持てるようになった。「共和制ローマ」はイエスの生まれる前からこのような政治制度で統治されていたのかと感心する。

 軍事よりも政治的な方に才能があると自負していたスキピオが、後後に政治的に失脚するのが物悲しい。

 今日はLSDのつもりでキロ7分20秒で20km。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

ランニングマガジン クリール

 「50歳代以上のための マラソン再生計画」という見出しにつられて、立ち読み・・

 もう、ズバズバ当てはまっている。「正しいフォーム」「ドリル」「体幹を鍛える」・・タイムの落ち込みを防ぐために、これらが必要であるのはわかったいるが長続きしない。

 そのくせ「スピード練習が足りないのでは?」と思って、昔取り組んでいた「400m×9で6分休息」を昨日やってみたり、この前は7kmのキロ4分35秒を目指して見たり(結果は42秒だったか・・)

 こういうことが全て当てはまっているのだ。こう書きながら多分、このままなんだろうなあ。

 今日は20kmをキロ7分13秒。最初の3kmまでは6分40秒くらいだったが、徐々にダウン。今年の走り納め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

ヤクザと憲法

 (東海テレビ取材班)を読了。岩波書店からだった。

 「ヤクザ」に知り合いがいないため、本の情報で判断するしかないのだが・・。この本では、最近の「自主規制」の傾向で「ヤクザ」は使わずに「暴力団」というそうな。「やくざ者」と「暴力団員」ではイメージが違うのかも。寅さんのような「テキ屋」も「ヤクザ」に分類されれば「暴力団」となるのだろうか。

 他にも、通帳が作られないため、子供の学費の引き落としができない。直接学校へ支払いに行くとか・・。そのせいでイジメられるとか・・。「ヤクザが差別されても仕方ないけど、その子供にまで人権がないんですか!」と組長が訴えていた。ヤクザの子どもをいじめるって、親なら真っ青になるところだけど。

 難しい問題は、「なら、暴力団を辞めれば」という話になるが、じゃあ、そういう人は「元暴力団員」の社会復帰(就職とか)を考えてくれるのだろうか?

 そして、ここに登場する「リアルヤクザ」の多くが、どうも「たまたま」「生きていくために」「このヤクザな世界」に身を置くことになった・・と感じられる。特に、一番若い住み込みの青年はどう考えてもいじめられるタイプである。現代ではど真ん中の不良は「半グレ」で徒党を組んでいるのではないか。

 ドキュメンタリー番組の取材裏的な本だったけど、番組を見る方法はないのかなあ。

 今日は休養、というか仕事で遅かったし雨模様だったので走らず。

 昨日は15kmのペース走。10kmまでキロ5分。最終的に4分55秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

ふるさとは本日も晴天なり

 (横山雄二著)を読了。20年、いや30年近く前に仕事帰りで、カーラジオから流れる  「ジューケン キャンパススタジオ」を聞いて、「いやー、RCCにすげえアナウンサーがいるなあ。」と感心。それからは、きちんとは聞いてないけど、昨年スマホを購入した結果、「ラジコ」で横山雄二の「午前様様」をたまに聞いて、「やっぱ、すげえなー」と思う。

 この本、「自伝的小説」で、「的」な部分もあるだろうけど、おそらく実話に近いのかなあ・・と思いながら読む。誰だろう、横山雄二が灰皿を投げつけた部長って?

 仕事と家族、で、その家族のことだが父親の死が冒頭にある。自分の父親が亡くなった時と比較するに、自分は「これが普通かな」と思ってたけど、世間の基準から見れば「冷めてた」のかもしれない。父親の遺体と一晩、私も過ごしたんだけど、「親父~、一晩語り明かそうな~。」とは全然思わず(そんな発想もなく)、「普段でも寝れないから、こんな状況じゃあ、ますます眠れんだろうなあ。」と思ったぐらい。結局、まったく泣くこともなかった。

 が、前にも書いたかもしれないが、ふと一人で車を運転している時に、親父のことを思い出して、泣きそうになることがある。他にも「、もっといろいろ聞いておけばよかったなー。」とか。

 やっと風邪が治ってきた。木が休養。金が6分30秒で10km。土が用事で走れず。今日は3時間30分で31km。キロ6分46秒。平均心拍数144。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧