映画・テレビ

2023年4月 2日 (日)

再びRRR

  娘1号が「RRRを見たい。」というので、昨日は映画の日でもありもう1度見た。60年近く生きてきて、同じ映画を映画館で見るのは初めてのことである。それがインド映画とは・・。

 初めてのことなので「2度見たらどうなるんだろう・・。」という不安もありつつ見る。最初の辺で「ああ、昔から警察に潜り込んでいた人はわりと早くからラーマと共に行動していたんだな。」と気づく。出演者の多くが髭面なので、1回目は見分けがつかなかったところも見分けがつくようになる(特にビームの仲間)。

 まあ、そういう細かいこともあるが、やっぱり「3時間越え」という時間の長さは気にならなかった。(さすがにストーリーを知っていたのでハラハラドキドキ感は1回目より薄い。)そして、音楽の力強さが耳に残る。

 映画館は結構人も入っていて、最後には拍手が起こった。面白い。

 で、昨日は、街に出たため1万歩以上歩き、映画でずっと座っていたせいか、その後たった5km走るにもだるくて途中歩く。なんなんだ。

 今日は20kmを7分51秒。暑かった。

| | コメント (0)

2023年3月21日 (火)

シン・仮面ライダー

を観に行く。


うーーーーーーーーーーーーーんんんんんんんん。


昨日、今日と走れず。


 

| | コメント (0)

2023年3月13日 (月)

バーフバリ

 『RRR』が面白過ぎたため、同じ監督の作品『バーフバリ 伝説誕生』をレンタルして視聴。


 うーん・・・なんか前半がダルかったが、後半というかバーフバリが従兄と王位を争う話からそこそこ面白くなった。ネット見たら「『RRR』を先に観ないように・・。」と書いてあるのを見つけて納得。時間があれば(ということは見ない可能性が高いのだが)、「王の凱旋」を見てみるかなあ。


 昨日15㎞をキロ8分。今日は9kmをキロ7分49秒。


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バーフバリ 伝説誕生<完全版>【Blu-ray】 [ プラバース ]
価格:4650円(税込、送料無料) (2023/3/13時点)


| | コメント (0)

2023年3月11日 (土)

ウォーターボーイズ

 を見る。20年以上前の作品。


 映画の方である。昔見たことがあったのだが、今見ても面白いのだが・・・。改めて見てみると「今は放送できないかも。」と思ってしまった。「おか〇」というフレーズやそこを笑いにするところなど。竹刀をもって「いかにも」の教師もまずいのではないか。


 気を使い過ぎるのか・・。『RRR』を見ただけに一層感じてしまう。


 昨日は9kmをキロ7分45秒。今日は15kmをキロ7分43秒。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [ 矢口史靖 ]
価格:2754円(税込、送料無料) (2023/3/11時点)


| | コメント (0)

2023年3月 7日 (火)

RRR

 を観に行く。

 評判通り!約3時間の映画だが、全く長さを感じさせない。

 冒頭の話しですでに「何で俺泣きそうになってんだろう?」と感情が揺さぶられまくった。もう1度見てみたい。

 一昨日9kmをキロ7分45秒。今日は16kmをキロ7分50秒

 

| | コメント (0)

2023年2月28日 (火)

アルキメデスの大戦

を見る。原作は漫画らしい。菅田将暉主演である。日米開戦前、山本五十六はこれからの海軍は航空母艦を主体として編成するべきだというが、海軍主流派が大戦艦建造に嘘の見積もりを出してくる。それを数学の天才だが軍人ではない主人公がいかに見抜くか・・・という話で展開するのだが、これが・・・・歴史的事実に照らしながらつじつまが合うような展開に。

 今日は10kmをキロ7分26秒。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルキメデスの大戦 DVD 通常版 [ 菅田将暉 ]
価格:3581円(税込、送料無料) (2023/2/28時点)


| | コメント (0)

2023年2月 6日 (月)

チョコレートな人々

 一昨日、市内に出る用事があり、「そういや、横川に美味しいラーメン屋さんがあるって言ってたな。」とそのラーメン店に行くことを考える。そこまで考えたら、「せっかく横川に行くんだたら、横川シネマで映画でも見るか・・。」という気分になり、ちょうどいい時間にあったのが「チョコレートな人々」だった。東海テレビのドキュメント映画。さらにその日は監督の舞台挨拶もあるという。


 なんの予備知識もなく見に行ったのだが、考えさせられた。それとともに、この久遠チョコレートの社長である夏目氏は本気に行動する人というで、本気だからこそ、ごまかさないためにうまくいかないことも多々あると感じられた。一体なんでそこまでできるのだろう?いや逆から見れば「なんでできないの。」と言われてしまい、「横着な自分」という言葉で終わってしまい、こんなところに文章を書いてしまっている。まず、自分の好きなことに時間を使うのだ。


 映画を見終わって、販売していた久遠チョコレートを買う。いつも買うチョコに比べ高いのだが、美味かった。贈答品かなあ。


 昨日は23kmをキロ7分50秒。久々の3時間走で疲れた。今日は2kmをキロ4分45秒と5kmをキロ7分21秒。


| | コメント (0)

2023年1月15日 (日)

ちいかわ

 同居人が「『ちいかわ』がかわいくて面白い。」と言ってたので、見てみると確かに面白い。これはマンガよりもアニメの方が面白いかもしれない。この「ちいかわ」を知ってしまうと、あちこちでキャンペーンを行ってるに気づいた。どれも人気らしい。

 週末は土曜が6kmをキロ6分51秒。今日は20kmをキロ7分30秒。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=cE8wVmwY7VY

 

 

 

| | コメント (0)

2023年1月11日 (水)

エデンの東

 ジェームズ・ディーンのデビュー作『エデンの東』を見る。設定は旧約聖書の『カインとアベル』。タイプの違う兄弟が父親(カインとアベルでは神ヤハウェ)の愛を求めるのだが・・・。第1次世界大戦の頃の話で、ドイツ系住民が結構大変だったこともわかる。

 前の『オペラ座の怪人』もそうだけど、この映像化した作品が原作ではどうなっているのか興味がある。

 昨日は8kmをキロ7分30秒。今日は疲れて6kmをキロ7分45秒。

 

 


 

 

 

 

| | コメント (2)

2022年3月 9日 (水)

鎌倉殿と13人

 を見ている。

 面白い。そうか、この時代、こんな描き方があったのか、と感心する。特に、最近登場した源義経の解釈というか、描き方は面白過ぎる。「狡い」とか「冷酷」とも違う、何の裏もなく「勝つための最短距離」を走る。その分、人間関係とか裏読みとか、そういう発想すらない気がする。

 それに北条義時、小四郎である。一体、この調整型の主人公が、どのように権力を握っていくのか、調整役に徹して、本人としては「やむを得ず」また一人また一人とライバルを消していくのだろうか。例えば、父親の時政を隠居に追い込むときも姉の政子に言われて「仕方なく」とか・・。それとも、ある時点で「豹変」するのだろうか・・。

 源氏同士の争い(vs木曽義仲)を経ての源平合戦。義経追討から頼朝の死、頼家・実朝の暗殺からの承久の乱。楽しみである。

 今日は8kmをキロ7分14秒で。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧