旅行・地域

2019年8月17日 (土)

ベトナム(その3)

 ホテルの前は海。

12

 こんな丸い船で漁をしてた。親切にとれたものを見せてくれる。

13

 ところで、参加賞として、このようなものを貰う。日本語で「筋肉コリトーレ」。キャップが緩くて、液漏れしてしまう。

11

 今日は2時間走。キロ7分30秒の⒗km。イーブンではなくラスト1kmで帳尻合わせた感じ。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

ベトナム(その2)

 食事は「フォー」が大変美味だった。

これが4万ベトナムドン↓ 日本円で200円くらい。安い。

8

Photo_20190816174601

 お店はこんな感じ。お店の子どもだろうか、小学校高学年か中学年ぐらいの子が手伝っていた。

店によっては、1品の量が価格に比べて多いものもある。初日の夕食に行った店。この焼きそば的なものが1人前。

Photo_20190816174701

 冷えてないビールには氷を入れて飲む。他にも2~3品注文して一人800円くらい。

Photo_20190816174702

 ベトナムのほかの都市は知らないが、ダナン(ベトナムで2番目に大きな都市)では、ほとんど信号がない。見たのは1,2つくらい。ウラジオとかニューカレドニアでは、停まってくれていたのだが、ここは車優先のようだ。道路を横切る時は、ちょっと勇気がいる。一気に渡れそうにない場合、横断歩道の真ん中まで行って、切れ目ができたらダッシュするパターンが多かった。フルの後はきつかった。足の不自由な人は街に出ないのだろうか?

 ↓こんな広い交差点にもない。というか、もしかしたらラウンドアバウトかもしれない。

10

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

ベトナム(その1)

 というわけでベトナムに行ったのだが、今回最もヤバかったのが「ホーチミン→ダナン」というベトナム国内の乗り継ぎだった。

 関空で荷物を預けた時、「いったん、ホーチミンで荷物を受け取ってください。」と言われ、「へいへい」と聞いていたが、ホーチミンに到着したら「一体、ここからどうやってダナンに乗り換えるのだ?」「で、荷物はどこで受け取るのだ?」ということがさっぱりわからなかった。

 んで、空港関係者(らしい人)に聞いたら、「ここに並べ」と言われて、入国ゲートに並んだ。これがまた混雑していて、「ダナン行きの飛行機に間に合うのか?間違って並んでたらどうしよう・・。」という不安に駆られる。

 それでも、何とかベトナム入国したが、今度は、荷物をどこで受け取ってどうすればいいのかさっぱりわからなかった。とにかく流れに任せて出てみると、「関空?ダナン?」とか言われて「この荷物?」(当然、日本語ではない)とか言われ、見てみると係員が荷物を準備してくれていた。他にも関空→ホーチミン→ダナンの人が数名いて、荷物をダナン行きに預けることができた。

が、

 荷物はダナンへ行きそうなものの、わが身はどこへ行けばいいのかさっぱりわからない。係員は「アウト、アウト」と言って、出口をさすばかりである。しょうがないので出てみたが、さっぱりなのだ。多くの旅行社のタクシーかなにかが待ち構えているが、関係ない。飛行機発着の掲示板を見ても、さっぱり。しょうがないので、もう1度空港内に戻ろうとしたら「ダメ!」とばかりにシャットアウト。仕方ないのに航空券を見せると、「こっちへ行け」とばかりに指さす。

 ここでやっと、「あー、国際線から国内線へ移動しろと言われているのか・・」ということに気づく。時間が迫っているため、あわてて国内線へ移動したが、今度は一体どこのカウンターなりなんなりに行けばいいのかさっぱりわからない。出発ゲートも知らされていないのだ。これも何とか空港関係者らしいベトナム人に聞いて、たどり着く。

Photo_20190815210201

 このゲートだった。時間が~と思ったが、出発が遅れてるらしい。で、待ってたのだが、どうも様子がおかしい。近くに座っていたシンガポール在住で同じようにマラソン大会に参加する日本人と話をしたが「もしかして、ゲートが変わってる?」と思い、掲示板を見に行くと変わってた。放送もあったらしいが(それで、おかしいと気づいたのだが)、ベトナム語のためさっぱりわからなかった。

 そのゲートに移動し、やっとダナン行きに乗ることができた。

 今回、反省点として「まあ、なんとかなるじゃろう」と安易に考えて、この乗り換えとか詳しく調べてなかったのだ。(間抜けなことに、直前までホーチミンじゃなくて、ハノイで乗り換えとも思っていた)

 今日は6kmのジョグ。ダナンマラソン以降はじめて走る。なんか疲れがとれない。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

北陸旅行その4

 安土城跡に行く。

Photo_6Photo_7

 行ってみたら、入山料がいるようだ。700円だったか・・。外側からは最初に長い階段が見える。入って見たかったのだが、昨日のハーフの疲労やらどれくらい時間がかかるかわからず諦める。しかし、いつかは訪れたい場所だなと思った。

 そういやここに来るまでに、「賤ケ岳の戦い」の跡地もあった。いやいやその前にも「一乗谷の合戦」の跡地もある。この辺りは戦国時代の戦いの宝庫である。

 その「戦国時代の戦い」であるが、どうやら今までの通説が間違いが多いという本を読んだ。これはまた後日に・・。

 昨日は2時間30分~3時間走を目指したのだが、13kmでダウン。バテバテ。それから3km歩く。今日は8kmをキロ6分43秒で。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

北陸旅行その3

 敦賀原発を目指す途中で、「丸岡城」の標識があった。現存⒓天守で「最古」と言われている丸岡城。これは寄ってみなければ、と思い立ち寄る。

 朝早いため、受付は開いてなくて中に入れない。外から見るのみ。

Photo_5

 小さい天守である。

 さて、敦賀原発は調べてみたら、1号機は国内最古の原発で何と大阪万博に送電したらしい。幼少期に大阪万博に行ったことがあるが、当然そんなことは知らない。当時は「原子力の平和利用」とか言われていたのかもしれない。敦賀原発周辺に行ってみたが、写真撮影も禁止されている。何でだろう?テロ的なことだろうか?まあ、テロリストなら簡単に写真もろつだろうけど。敢えて写真を撮る勇気もなく、早々に立ち去る。

 次に安土城跡を目指して移動した。

 今日は13kmをキロ7分32秒で。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

北陸旅行その2

 金沢の健康ランド的なところに21時過ぎに到着し風呂に入る。その後はレストルーム的な部屋でリクライニングシートで寝たのだが・・。ものすごいいびきをかく人が近くにいたのである。道理でこの込み具合で空いてるはずである。さらに「午前3時に出なければ」ということで時間も気になり、寝れるわけもなく、まあ体を横にして休んだ、というぐらい。2時過ぎに起きて体をシャキッとさせるためもう1回風呂に入りに行く。起きてみたら、レストルームの床にシートに座れなかったというか、シートでは寝にくいのかゴロゴロ人が寝ていた。男女関係なく。

 3時前にはそこを出て東尋坊へ向かう。一般道で行くが道路も空き空きで、暗いうちに到着しそうなため、どこぞの運動公園的なものの駐車場で休憩。1時間ほど横になる。

 それから、東尋坊に到着したのだが、思ったより「断崖絶壁感」がない。ここで自殺する人が多いらしいのだが、どの辺から飛び降りるのだろう。

Photo_2

 しかし、「命の電話」なる貼り紙や公衆電話がある。公衆電話には、小銭やテレカ、聖書等がある。

 

Photo_3 Photo_4

 (ブログの管理が新しくなり、どうも画像の貼り付けがよくわからない)

 ここで、若者たち5名ぐらいがドローンを飛ばして撮影していた。レンタルしたとのこと。何日間で何円か聞いたけど忘れた。買ったら20万円ぐらいのドローンだそうだ。操作はそんなに難しくないと言っていた。

 さて、次に向かうのはせっかく福井に来たので原子力発電所、敦賀原発を見に行くことにした。稼働はしてないらしいのだが・・。

 昨日は1時間30分で13km。今日は2時間30分で21km。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

北陸旅行その1

 レース後、割引券がついていた温泉に入る。硫黄の匂いがかなりする。温泉でさっぱりした後、とりあえず能登半島を目指す。

 能登半島の根本にある和倉温泉に行くが、温泉に入ったばっかりなので、温泉街の雰囲気を味わうだけにした。目指していた海鮮丼の店が閉まっていたので、お好み焼き・鉄板焼きの店に入る。何で能登まできて「お好み焼き」なんだと思わんでもないが「豚玉」を注文。

「あ!これは『関西風』だ!」と注文後に気づく。「そばorうどんなし」なのだ。

隣の家族連れのテーブルにボールに入ったお好み焼きの具材が届けられた。「え!?自分で焼くのか!」

 前々から「何で金払って素人(の俺)が焼くのだ?」という「関西風」のルール(?)に疑問(というか「ありえんだろう」という考え)を感じているのだが、自分で焼くから「『お好み』焼きなのか?」と思いつく。(違うか)

 んで、俺の所にもボールで具材が来た・・・「えーと、自分で焼くんですね・・・・」とかなりショックを受けましたという雰囲気を出して、つぶやいたら、「時間がかかってもよければ焼きますけど」と言われた。「是非!」と返事をして事なきを得た。「広島から来たんですんません」とよくわからない言い訳も。広島以外では「関西風」が標準というのが改めてわかった。

 その店を出ると辺りは暗く、もはや能登半島の先に行っても「真っ暗で何も・・」みたいな状況だと思うので、ネットで検索し、金沢市内にある朝3:00まで1000円の健康ランド的なところに行く。さあ、次に目指すのは福井県の東尋坊だ!

 4月30日はレース後の疲労でキロ8分以上かかって10km、一昨日は2時間キロ7分30秒で16km。昨日は用事で走れず。今日はいい天気なんだけど、不確定な予定が入り未定状態。

 

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

懇親会

 の様子。

Img_0423_2


Img_0424


Img_0426


 テーブルにはビールが。日本酒や焼酎も中央にあったように思えたんだけど、レンタカーを運転するためチェックしてない。料理は刺身やにぎり寿司などなど。美味かった。

 今回、レンタカーを借りて移動したのだが、団体行動さえできれば、レンタカーなしでも大丈夫なようだ。レース会場まではホテルが連れて行ってくれ、会場から温泉まではバスが出て、それから懇親会場まで送ってくれて、さらに空港までバスで送ってくれる。これで参加費4000円は安い気がする。東京近郊に住んでたらなあ。

 ちなみに島のガソリン代は1リットル180円台だった。

 今日はジョグ。キロ7分11秒で20km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

八丈島観光 その2

 温泉から出て、懇親会まで時間があったので島を一周。

Img_0414
断崖絶壁。

Img_0418
 「八丈富士」小ぶりな富士山。

 そして、八丈島といえば島流し第1号の宇喜多秀家の墓。

Photo

 調べてみると、島の大きさは私の故郷の島と同じぐらいの大きさだった。
 

 そんなこんなで懇親会にちょうどいい時間になる。懇親会では立食で豪華な料理が・・。

 今日はちょっとした時間ができて2km。キロ7分ぐらいで。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

八丈島観光

 八丈島のマラソン大会に参加する時決めた時、移動手段としてレンタカーを借りた。軽で1日3000円+保険1000円つけた。

 空港に迎えに来てくれて、そこからレンタカーでホテルへ。ホテルで「夕食はどうされますか?周辺の店は予約でいっぱいですよ。」とか言われてしまった。店の予約とか送りはホテルがしてくれるというが、面倒だったので来る途中に見かけたスーパー(八丈スーパーだったか)で弁当やおかず的なものを買う。夕方18時くらいだったのだが、外から見たラーメン店(2軒)は空いて他のような気が・・。真相は不明である。

 朝食はバイキングでよかった。なんと、マラソン大会者のためにバウチ型ゼリーが用意されていた。そこからレンタカーで会場へ。雨が降っていたのでレンタカーは便利だった。

 レース後はレンタカーで温泉に。温泉も会場から選手のために送迎バスが出ている。それより前に行かないと混雑してしまう。

 「みはらしの湯」に到着すると数名が入浴中。気持ちよく入って、ちょうど出る時にバスが到着してわらわらランナーが入ってきた。レンタカー借りて正解だった。(続く・・)

「みはらしの湯」

Img_0413


 昨日は400m×9本。休憩は各6分。前後1kmのジョグ。400mは1分34~41秒くらい。

 今日は休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧