旅行・地域

2020年11月23日 (月)

どこでもドアきっぷ

 娘2号が「どこでもドアきっぷ」を購入していただのだが、訳あって使用できなくなった。キャンセル料もかかるし、できれば購入して欲しいと言われたので、代金を支払い、この3連休中の土日で使うことにした。

 まず、出かけたのが京都の伏見。日本三大酒どころの1つである。むかーーーーし、灘にも行ったことがあったので、これで三大酒どころ制覇である。おっとその前に、この「どこでもドアきっぷ」、JR西日本なら新幹線を含めて乗り放題なのだが、何と新大阪からの新幹線はJR東海エリアだった。しかし在来線なら西日本JRである。ややこしい。新大阪で京都行の新快速に乗り換えたのだが、朝早かったのに、かなり混んでいた。「なるほど、こりゃ関西方面で風邪がはやるのも無理ないな」と思ってしまった。

 そんなこんなで、京都から桃山駅に行き、歩いて酒蔵エリアへ。行ってみて観光案内版を見て、「そういや、伏見って『鳥羽・伏見の戦い』とか幕末の頃いろんな事件があったとこだ」と気づく。日本酒のことしか考えてなかった。

 とりあえず、坂本龍馬が襲撃された(寺田屋事件)という旅館を発見。1_20201123172101

襲われた当時の旅館は、この隣にあって鳥羽伏見の戦いで焼失したそうな。入場料もいるし、朝早かったので開いてなかった。

 さらに歩くと会津藩駐屯跡地があった。今は保育園か幼稚園になってるようだ。新選組もここに集合したのだろうか・・。

Photo_20201123172701

 そこから白牡丹や黄桜によって小瓶を購入。今回は車ではないため、歩きながらちびちび飲む。なんとなくホームレス感を漂わせている。

そこから、城崎温泉に向かう。(続く・・)

 ということで土日は走らず。今日は15kmをキロ7分22秒。腰が痛くて午後からはいつものマッサージに行く。

 

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

それが・・

 なのである。穂高から一路広島を目指した。山道で混雑などないだろうと思いきや、どうやら災害があったらしくあちこちで、交互通行。ごぉとぅきゃんぺええええんで旅行している人も多かったのかもしれない。

 ガソリンを入れるために飛騨高山に寄ったのだが、街中は観光客でいっぱいだった。、高速に乗ったが結構渋滞。大阪から神戸方面は大渋滞という情報があったので、北陸道から中国道で帰ることにして岐阜から福井まで移動したのだが、夜中、ほとんど車が通っていなかった。

 そんなこんなで、帰ったのが午前3時30分。年に1回というか、スペシャルウィークの東野幸治のオールナイトニッポンに助けられた。

 今日は仕事で遅くなり走れず。昨日はキロ6分を意識して、12kmをキロ5分38秒。

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

穂高(その2)

 2時間待ちだが、新穂高ロープウェイ乗り場周辺は結構時間を潰すことができる。足湯もあり、入らなかったが温泉もある。土産物館的なところは、「槍・穂高登山」のいろんなバージョンのdvdを流している。これが映像で見る限り、なかなか素人には登れそうにない山もある。槍ヶ岳は絶対にそうである。

 そんなこんなで整理番号を呼ばれロープウェイ乗り場へ。ロープウェイはこの7月に新しくなったそうな。

Photo_20200930194201

 で、展望台に。頂上付近は曇っててよく見えなかった。

Photo_20200930194501

3 2_20200930194801

 せっかく来たので、登山口まで行ってみる。

Photo_20200930194901

 次回は「穂高」関連に登ろうと決意する。来年になりそうである。そう決めて、15時前くらいに帰広することにした。行きも8時間くらいかかったので、まあ、深夜12:00までには帰れるかなと思ったのだが、そうは問屋が卸さなかったのである・・。(続く)

 今日はちょうど走れる時間に土砂降り。小降りになったけど、やめた。

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

穂高(その1)

 そうなのである。翌日「天気もいいし、せっかくここまで来たんで穂高でも行ってみるか。登らんけど。」と思い穂高に向けて出発。道中の道の駅に寄りながら(富山は「ケロヨン」の発祥地なので、銭湯の「ケロヨン桶」が売ってた)、穂高へ。

 途中、カミオカンデ(神岡町)の記念館的なものがあったので立ち寄る。

反射して何が何だかよくわからん。Photo_20200929211601

 この記念館には「暗黒電子」と書かれた面白いTシャツとか売っていた。

 そんなこんなで新穂高ロープウェイ乗り場の駐車場入り口付近に到着したものの、渋滞。引き返す車もある。入り口に到着したら係りの人から「2時間以上待つことになります。」と言われた。この時点で11時くらい。さすが行き当たりばったりの無計画旅行。こんなに人気スポットなら、計画的に朝早く出発するなり、寄り道を止めるなりすればよかった。しかし翌日も休暇なので、帰りが遅いくなってもいいか、と思い待つことにした。(続く・・)

 昨日は休養。今日は8kmをキロ6分50秒。

 

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

立山連峰(その4)

 別山だったか、ドローンを飛ばしている人がいた。勝手にではなく、聞いてみたら植生とかを調査しているとのこと。

Photo_20200927200201

  劔御前では剱岳が目の前に見える。かなり強風だった。剱岳を登ることはあるのだろうか・・・

Photo_20200927200301

Photo_20200927200302

 降りから見える「テント場」。帰宅してワイドショーを見たら、「このテント場のトイレ待ちが1時間以上です!」って言ってた。このときはさすがにそんな行列はなかった。いつの日かテント泊をする日が来るのだろうか・・。

Photo_20200927200701

 このネタで1週間ひっぱたが、実は帰宅予定日に「せっかくここまで来たんだから、『穂高』にも行ってみるか」と行き当たりばったりに出かけたのである。(続くか?)

 今日は久々に20kmをキロ7分30秒。12kmぐらいまでキロ8分だった。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

立山連峰(その3)

 結局この登山、こんなルートで登ったのだ。

室堂ターミナル→一ノ越→雄山→大汝山→富士ノ折立→真砂岳→別山(南峰・北峰)→劔御前小屋→劔御前→劔御前小屋→雷鳥坂→雷鳥平

→雷鳥沢キャンプ場→地獄谷→ミクリガ池→室堂ターミナル

 適当に写真を上げる。多分大汝山あたりから見えた黒部ダム。

Photo_20200926115501

  稜線は遠くから見ると歩きやすそうに見えるのだが、近くに行くと結構石がゴロゴロしていて、トレランシューズでは靴底から石の感触があたって、そこそこ痛い。登山用の靴がいいみたい。(当たり前か)

Photo_20200926115601

 真砂岳

Photo_20200926115502

 一昨日は休養。昨日は9km。キロ8分以上。どうも登山旅行疲れか眠い。後日書こうと思うのだが、旅行の最終日、訳あって帰宅したのが午前3時過ぎ。

 今日は2時間走ということでキロ7分の17km。

 

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

立山連峰(その2)

 室堂へ到着し、そこから一ノ越まで登る。前回は登山の準備をしていなかったため、半袖半パンだったが、今回は長袖シャツに長ズボンである。長袖シャツはファインテックを下に着こんでユニクロ。長ズボンはワークマンで購入。1900円。

 約1か月前(つまり8月中旬)にはあった「雪の階段」は溶けてなかった。切符売り場は行列だったが、室堂から一ノ越へ登る人は人はまばらで上りやすい。

 一ノ越へ到着し、そこからいよいよ雄山である。急な石ばかりの道で難儀したが、なんとか登れた。

Photo_20200923200902 Photo_20200923200903 Photo_20200923200904 Photo_20200923200901

 雄山頂上に登ると、神社があり願い事を書いた石や記念に名前かなんか書いた石があった。ここ雄山から大汝山を目指して行く。

 今日は5kmを走ったり歩いたり。とても走れなかった。いまさら登山の疲労が出てきている感じ。

 

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

立山連峰(その1)

 立山を再び訪れる。今度は富山側からである。今回はちゃんと登山の準備をする。靴はトレランシューズ。

 情報を収集するために前日に立山駅に行く。ケーブルカーの始発6:40で切符販売は6:00からである。切符売り場の人に聞くと午前1時半から並んでいる人がいるということを聞く。「マジか・・」「さすがに、そんな時間に並ぶと後々の登山に差し支える」と思い、まあ午前4時頃並ぶことにする。駐車場は無料駐車場(臨時も)あるが、結構いっぱいである。ここに停めて山で連泊する人もいるため、果たして空きがあるかどうか不安になる。

 宿泊所に戻ると、宿の人が「今日は朝6:00には200人くらい並んでいた。」「明日は天気もいいのでもっと人が集まるかも」と言われる。送迎ありと書いてあったが、朝があまりに早いので駅までの送迎をお願いしようか迷いつつその話を持ち出すと「朝、早いのはちょっと・・」と明確に断られたわけではないが、雰囲気を察してこちらから断る。ちなみに、この宿泊所から駅までは2.3kmぐらいであり、最悪まあ歩いていけばいいかと思う。(「どんなに朝早くても送迎します!」と言えばいい売りになるかもしれない)

 翌日、予定通り立山駅まで行くものの、案の定駐車する場所がなく、(これって結構重大なことだと思う。これから富山側で登山を考えている人は要注意である。)引き返して歩いて行く。30分程度歩いて到着。暗い中「あれ?そんなに並んでない?」と思ったらみんな寝転んでいた。列に入り私も横になる。聞けば、駐車場は下山する人が乗っていき、午後8時過ぎには半分となったが、深夜にぞくぞく入ってきたらしい。

 時間となり切符販売。早起きしたかいがあって、何とか始発の切符をゲットできた。予定では7時間くらいの「山歩き」を想定していたので、これが買えないとかなり無理をするか(無理は絶対ダメ!)、ショートカットしなければならなくなるからだ。ひとまずホッとする。(続く)

 

 

1_202009221527012Photo_20200922152701

 5時半過ぎにはこのように長蛇の列ができてた。

 今日は14kmをキロ7分19秒。久々に走って疲れた。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

黒部立山アルペンルート(その3)

 一ノ越まで行ったが、その先の雄山はちょっと時間的に無理なので、いつの日か登ろうと決意する。

 

Photo_20200814205401

 そこから、また乗り物を乗り継いで黒部ダムまで下っていく。

 

 

Photo_20200814205501Photo_20200814205601Photo_20200814205602

 今日は、用事があって走れず。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

黒部立山アルペンルート(その2)

 翌日朝6時でも心配だったので、朝の5時半過ぎに扇沢駅に行ってみることにした。無料駐車場はすでにいっぱいで(まあ、連泊する人が停め続けているので入れ替わりが少ない)有料駐車場(12時間1000円)に停める。

 早くも、行列ができており後ろに並ぶ。先頭は聞いてみると3時半に並んでいたらしい。かなわん。何とか7時半発の黒部ダム行きをゲットし、そこから、トロッコ、ロープウェイ、トロリーバスを乗り継いで一気に室堂へ。乗り物は満杯にならないように配慮されており、人が降りると座席や手すり等を消毒していた。大変である。

 天気がよくてラッキーだった。

1_20200813110001

 

Photo_20200813110101

 雪がまだあちこち残っている。室堂をあちこち散策。登山の準備をしていなかったが、一ノ越なら登れると思いそこまで登ってみることにする。途中登山道を雪が阻んでいて、関係者(?)が雪の階段を作っていた。(続く)

 

 

Photo_20200813111201

 今日は17kmをキロ8分04秒。14kmで足がパタッと止まってしまったがすぐに走り出せた。暑さのせいか。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧