学問・資格

2010年6月 3日 (木)

与力

 昨日、風呂に入っていたら「『大塩平八郎の乱』の『大塩』て今の警察の地位でいったら何だろう?」という疑問がふと浮かんできた。

 地位は与力。インターネットって便利。すぐ調べられる。どうやら警察署長クラスらしい。

 まあ、警察署にも大きなところ小さなところあるので、そのへんはよくわからないが、確かに、警察署長が反乱というか、暴動を起こしたのだから驚いたろうな。

 ところで、「与力」を調べていたら「与力」には驚くべき特権があったのだ。知らんかった。クイズにもなりそうなネタである。(というか、多分なってる)

 朝、女風呂に入れるのである。

 理由は空いてるからとか情報が手に入るとか・・・。ほんまかいな?

 一体全体当時の風呂の雰囲気はどうだったのかね?江戸時代は男女混浴もそれほど厳しくなかった・・・というのを聞いたこともあるのだが・・。

 まあ、毎朝入っていたら「助べえ与力」とかあだ名をつけられそうである。それとか、色仕掛けで「うちの旦那を見逃してくれ・・。」的なことがあったかもしれんし。

 てなことを考えたり考えなかったりで17km。しんどかった。

 昨日くじいたところは夕方から痛くなり、シップをした。シップをすると寝るときに端がめくれて、それが気になってよく眠れんかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)