« 走り納め | トップページ | たまには・・ »

2021年1月 3日 (日)

幕末史

(半藤利一著)を読了。講義を文章で起こしたものらしく、読みやすく一通りの流れが、単純な「明治維新万歳」ではない立場からわかる本。幕府は嫌々ながらも「開国」を決定し、条約を締結したわけだが、それに反対の「攘夷派」志士たちがテロ活動を行う。特に長州藩がそうなんだけど、結局幕府と同じように「開国」に政策をチェンジする。


 となると、政策の違いというより、「誰が権力を握るのか?」ということになり、戊辰戦争が起こる。内戦である。もし戊辰戦争がなかったら、どうなってたのかとも想像する。これを読むと「○○維新」だの「○○新選組」だののネーミングがイメージ先行で安易だなあと思う。


 一昨日15kmキロ6分47秒。昨日25kmキロ7分12秒。今日20km7分12秒。


 


 


 

|

« 走り納め | トップページ | たまには・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走り納め | トップページ | たまには・・ »