« 博多 | トップページ | ジョイランド »

2020年12月 1日 (火)

県警VS暴力団 刑事が見たヤクザの真実

(藪正孝著)を前回までの旅行中に読了。博多に向かう時も読んでいたため、「工藤組が・・・」とか思ってしまった。


 この本には前に読んだことがある『ヤクザと憲法』(東海テレビ取材班)のことが触れてあった。この本にヤクザが勤まりそうにないのに、自ら志願してきた少年がいた。もしかするといじめられっ子に近い描かれ方だった。


 『ヤクザの真実』にはこの少年が強盗事件を起こしたことが書いてあった。本(『ヤクザと憲法』)が出版される頃には、この事件が起こっていたのに、何の説明もない・・・(と書いてあった気がする)を読んで、「やっぱ、どうなんかなー」と思ってしまった。特に、『ヤクザと憲法』には暴力団の「資金源」について触れられてないことも指摘しており、「非合法の資金源」故に描くことも難しく、「非合法」ってことは・・である。


 両方読んでいてよかった気がする。


 昨日は6kmをキロ6分08秒。今日は休養。


 

|

« 博多 | トップページ | ジョイランド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 博多 | トップページ | ジョイランド »