« 共時性 | トップページ | 恐怖の人間カラオケ »

2020年12月28日 (月)

老い

 この前の人間ドッグで、全て終了し後は医師との面談を残すのみとなり、受付近くの椅子に座っていた。

 先に終わった人が受付で料金を支払っている。俺から見れば若そうな兄ちゃん(でも30代くらい?)が支払いを済ませて帰ろうとした時、「ロッカーのキーを返してください」と言われ、その兄ちゃん「ああ・・。」とポケットに入れていたロッカーのキーを慌てて出していた。

 その光景を見て「この兄ちゃん、ロッカーのキーを持って帰ろうとしたんかいの。ボケとるのぉ。俺も気を付けよう。」と内心思っていた。人のふり見て我がふり直せ、である。

 さて、医師の面談では「まあ、γ-GDPの値が気になりますが、大したことないでしょう。」「大丈夫ですよ。」と言われた。ホッとしてそこから着替えるためにロッカールームへ。そして、料金を支払うために受付へ行った。支払いはカードで済ましたが、その時「あ!」と気づいた。

 なんとキーをロッカーにさしたまま出てきたのである。「キーを取ってきます。」と言って、慌ててロッカールームへ。幸いキーはロッカに刺さったままで無事だった。

 いやー少なくとも前の兄ちゃんはロッカーキーを持ってきたわけだが、俺はロッカーキーすら忘れて受付へ行ってしまってた。さらに「ああ、俺も気を付けよう。」と思っていたにもかかわらずである。いいことを思っても、間に「医者との面談」「着替え」が入ってしまうとすっかり忘れていたのである。大バカ者。

 内臓に異常はなかったが、脳みそに異常がありそうである。

 今日はキロ7分25秒で20km。

|

« 共時性 | トップページ | 恐怖の人間カラオケ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共時性 | トップページ | 恐怖の人間カラオケ »