« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

穂高(その2)

 2時間待ちだが、新穂高ロープウェイ乗り場周辺は結構時間を潰すことができる。足湯もあり、入らなかったが温泉もある。土産物館的なところは、「槍・穂高登山」のいろんなバージョンのdvdを流している。これが映像で見る限り、なかなか素人には登れそうにない山もある。槍ヶ岳は絶対にそうである。

 そんなこんなで整理番号を呼ばれロープウェイ乗り場へ。ロープウェイはこの7月に新しくなったそうな。

Photo_20200930194201

 で、展望台に。頂上付近は曇っててよく見えなかった。

Photo_20200930194501

3 2_20200930194801

 せっかく来たので、登山口まで行ってみる。

Photo_20200930194901

 次回は「穂高」関連に登ろうと決意する。来年になりそうである。そう決めて、15時前くらいに帰広することにした。行きも8時間くらいかかったので、まあ、深夜12:00までには帰れるかなと思ったのだが、そうは問屋が卸さなかったのである・・。(続く)

 今日はちょうど走れる時間に土砂降り。小降りになったけど、やめた。

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

穂高(その1)

 そうなのである。翌日「天気もいいし、せっかくここまで来たんで穂高でも行ってみるか。登らんけど。」と思い穂高に向けて出発。道中の道の駅に寄りながら(富山は「ケロヨン」の発祥地なので、銭湯の「ケロヨン桶」が売ってた)、穂高へ。

 途中、カミオカンデ(神岡町)の記念館的なものがあったので立ち寄る。

反射して何が何だかよくわからん。Photo_20200929211601

 この記念館には「暗黒電子」と書かれた面白いTシャツとか売っていた。

 そんなこんなで新穂高ロープウェイ乗り場の駐車場入り口付近に到着したものの、渋滞。引き返す車もある。入り口に到着したら係りの人から「2時間以上待つことになります。」と言われた。この時点で11時くらい。さすが行き当たりばったりの無計画旅行。こんなに人気スポットなら、計画的に朝早く出発するなり、寄り道を止めるなりすればよかった。しかし翌日も休暇なので、帰りが遅いくなってもいいか、と思い待つことにした。(続く・・)

 昨日は休養。今日は8kmをキロ6分50秒。

 

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

立山連峰(その4)

 別山だったか、ドローンを飛ばしている人がいた。勝手にではなく、聞いてみたら植生とかを調査しているとのこと。

Photo_20200927200201

  劔御前では剱岳が目の前に見える。かなり強風だった。剱岳を登ることはあるのだろうか・・・

Photo_20200927200301

Photo_20200927200302

 降りから見える「テント場」。帰宅してワイドショーを見たら、「このテント場のトイレ待ちが1時間以上です!」って言ってた。このときはさすがにそんな行列はなかった。いつの日かテント泊をする日が来るのだろうか・・。

Photo_20200927200701

 このネタで1週間ひっぱたが、実は帰宅予定日に「せっかくここまで来たんだから、『穂高』にも行ってみるか」と行き当たりばったりに出かけたのである。(続くか?)

 今日は久々に20kmをキロ7分30秒。12kmぐらいまでキロ8分だった。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

立山連峰(その3)

 結局この登山、こんなルートで登ったのだ。

室堂ターミナル→一ノ越→雄山→大汝山→富士ノ折立→真砂岳→別山(南峰・北峰)→劔御前小屋→劔御前→劔御前小屋→雷鳥坂→雷鳥平

→雷鳥沢キャンプ場→地獄谷→ミクリガ池→室堂ターミナル

 適当に写真を上げる。多分大汝山あたりから見えた黒部ダム。

Photo_20200926115501

  稜線は遠くから見ると歩きやすそうに見えるのだが、近くに行くと結構石がゴロゴロしていて、トレランシューズでは靴底から石の感触があたって、そこそこ痛い。登山用の靴がいいみたい。(当たり前か)

Photo_20200926115601

 真砂岳

Photo_20200926115502

 一昨日は休養。昨日は9km。キロ8分以上。どうも登山旅行疲れか眠い。後日書こうと思うのだが、旅行の最終日、訳あって帰宅したのが午前3時過ぎ。

 今日は2時間走ということでキロ7分の17km。

 

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

立山連峰(その2)

 室堂へ到着し、そこから一ノ越まで登る。前回は登山の準備をしていなかったため、半袖半パンだったが、今回は長袖シャツに長ズボンである。長袖シャツはファインテックを下に着こんでユニクロ。長ズボンはワークマンで購入。1900円。

 約1か月前(つまり8月中旬)にはあった「雪の階段」は溶けてなかった。切符売り場は行列だったが、室堂から一ノ越へ登る人は人はまばらで上りやすい。

 一ノ越へ到着し、そこからいよいよ雄山である。急な石ばかりの道で難儀したが、なんとか登れた。

Photo_20200923200902 Photo_20200923200903 Photo_20200923200904 Photo_20200923200901

 雄山頂上に登ると、神社があり願い事を書いた石や記念に名前かなんか書いた石があった。ここ雄山から大汝山を目指して行く。

 今日は5kmを走ったり歩いたり。とても走れなかった。いまさら登山の疲労が出てきている感じ。

 

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

立山連峰(その1)

 立山を再び訪れる。今度は富山側からである。今回はちゃんと登山の準備をする。靴はトレランシューズ。

 情報を収集するために前日に立山駅に行く。ケーブルカーの始発6:40で切符販売は6:00からである。切符売り場の人に聞くと午前1時半から並んでいる人がいるということを聞く。「マジか・・」「さすがに、そんな時間に並ぶと後々の登山に差し支える」と思い、まあ午前4時頃並ぶことにする。駐車場は無料駐車場(臨時も)あるが、結構いっぱいである。ここに停めて山で連泊する人もいるため、果たして空きがあるかどうか不安になる。

 宿泊所に戻ると、宿の人が「今日は朝6:00には200人くらい並んでいた。」「明日は天気もいいのでもっと人が集まるかも」と言われる。送迎ありと書いてあったが、朝があまりに早いので駅までの送迎をお願いしようか迷いつつその話を持ち出すと「朝、早いのはちょっと・・」と明確に断られたわけではないが、雰囲気を察してこちらから断る。ちなみに、この宿泊所から駅までは2.3kmぐらいであり、最悪まあ歩いていけばいいかと思う。(「どんなに朝早くても送迎します!」と言えばいい売りになるかもしれない)

 翌日、予定通り立山駅まで行くものの、案の定駐車する場所がなく、(これって結構重大なことだと思う。これから富山側で登山を考えている人は要注意である。)引き返して歩いて行く。30分程度歩いて到着。暗い中「あれ?そんなに並んでない?」と思ったらみんな寝転んでいた。列に入り私も横になる。聞けば、駐車場は下山する人が乗っていき、午後8時過ぎには半分となったが、深夜にぞくぞく入ってきたらしい。

 時間となり切符販売。早起きしたかいがあって、何とか始発の切符をゲットできた。予定では7時間くらいの「山歩き」を想定していたので、これが買えないとかなり無理をするか(無理は絶対ダメ!)、ショートカットしなければならなくなるからだ。ひとまずホッとする。(続く)

 

 

1_202009221527012Photo_20200922152701

 5時半過ぎにはこのように長蛇の列ができてた。

 今日は14kmをキロ7分19秒。久々に走って疲れた。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

些細な事

 通勤途中に当然いくつ(数えたことはないが)か信号がある。国道に出る前の信号に大概引っかかる。ここは仕方ないとして、稀にその後7つくらい連続で信号にひっかからずに進むことがある。当然、安全運転で、である。

 こんなとき、すごく気分がいい。些細な事だけど。

 今日は、レース後ということもあり、足も心肺機能もある程度慣れてるだろうということで、12kmのペース走。とりあえずキロ6分ぐらいからと思ったが、走ってみたらキロ5分43秒。心拍数は大体140台、ラストは150以上になる。走り終わって、足がダルダル。

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

レース後

 久しぶりに必死に走ったのでさすがに足が筋肉痛。

昨日はレース後にいつも行うほぐし気味に5km走。キロ8分32秒。

今日は休養。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

第2回 夏の終わりの中央森林公園マラソン

の20kmの部に参加。

「マラソン大会」と名の付くものに参加したのは2月の五島以来である。半年以上たっている。例年であれば、3月にフル、4月か5月のGWにハーフ。7月に桜江、8月に都合がつけば海外、9月に聖湖パターンだったが(改めて書くと毎月何かに出てたんだな)、本当に久しぶりである。

 さて、レースは1分刻みの時間差スタート。喉が渇くと嫌だったので、走る直前に自販機の炭酸エナジードリンクを飲んだら、走ってしばらくは横っ腹が痛かった。コースは以前走ったことがあり、ダウン→アップ→ダウン→アップ→ダウンの連続。最初はダウンだったのでタイムを見たらキロ4分台で「ふふふ。練習ではさっぱりだったがいざとなったら走れるもんだ。」と思ったのだが、ダウンが終わるとともに失速。どんどん抜かれて5~10kmまでは「こんなしんどかったっけ?」と思いながらが走る。とにかく体が重いのと呼吸がしんどいのでどうにもこうにもである。

 15km過ぎてから残り5kmとなり、下りは足を気にせず飛ばして、上りは「ヒーヒー」いいながら辛抱して走って何とかゴール。キロ5分07秒だった。やっぱり練習タイムは嘘をつかないな、と感じる。レースに出ないととても一人でスピード&距離的に追い込んだ走りはできない。レースがあることで何とか走力を維持できていたのかもしれない。

 木金土は休養。久々のレースはよかった。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

涼しくなった

 昨日は10kmをキロ6分16秒。この夏では一番早いタイム。夜は涼しくなったからだが、本番用のシューズで走ったせいもある。このシューズを使用するのも2月の五島列島のハーフ以来である。半年以上前。半年以上レースに出てないということになる。

 今日は休養。

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

マイナポイント

 やれやれ。「7」はコピー機の所ではなく「7」銀行で手続きができることが分かった。「7」銀行を利用していないのでダメなのかと思ったが関係なかったのである。これで何となく「損した感」が解消された気がする。

 昨日は16kmをキロ7分56秒。今日は10kmをキロ6分35秒。キロ6分台って久々。日差しも陰り、風が吹いて涼しかったせいか。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

トリック

 今日街へ出る用事があり、大型ショッピングセンターの駐車場に停める。このような駐車場に停めるとどこに停めたかわからなくなるので、スマホのメモに打ち込む。今回は「赤19R」。

 さて、買い物を済ませ、駐車場へ。しかし、「赤19」はあるものの「R」という筋がない。「おっかしーなー、離れたとこにあるんかなー」と探してたら、娘1号が「ここにあるじゃん!」と見つけてくれた。それは「赤19B」

 「なんでBなのにRって入力したんだろう・・・」とつぶやくものの娘1号からは「こっちが聞きたい」と言われる。「ボケたのかも」と思って自分でも嫌になる。

 で、運転席に乗り込み駐車場の柱のアルファベットの印を見ると隣の車のせいで「B」の下の曲線部分が隠れて見えたのである!「あ!これで『R』に見えたんじゃ!」これが真相であった。

 今日は午前中に15㎞を8分10秒。昨日は5kmを走るも足が3.5kmで止まりそこから歩く。どうにもならん。

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

夜は涼しい。

 あくまで日中と比較しての話だが。

 ところで今「にっちゅう」と入力したら「日中」と出てきたのだが、これであってるのだろうか。もしあっているのなら、「アメリカ合衆国は素晴らしい国だ。あくまで日中と比較しての話だが。」でも文章的には意味が通じる気がする。内容的にはどうかしらないが。こういうとき、何を「モノサシ」にして判断するかは人それぞれである。

 や、話がそれた。つまり夜は涼しいが今日走ってみてキロ7分20秒の7km。涼しいわりには早く走れなかった、ということが言いたかったのである。

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

立腹

 マイナポイントのことである。

 ipone6sではできないので、一昨日「7」に行ったら、「混雑してます。時間をおいて・・・(多分こんなメッセージ)」で一向につながらない。んで昨日別な「7」に行ったら、何でかその登録そのものの案内がない。しかも平日は20時までと時間制限がある。役所仕事だからか。

 キャッシュレス決済を勧めたいのはよくわかるのだが、それにしても手続きのための環境設備が不十分な気がする。置いてきぼり感がひどい。

 昨日は仕事で遅くなり走れず。今日は12kmをキロ7分。久々に「走った」って感じ。この前の登山の帰りに「天下一品」でたらふくラーメン食ったので体重が今シーズン最高の64.3kgだったが、今日でなんとか63kgに戻す。

| | コメント (2)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »