« 久々に | トップページ | オンライン申請 »

2020年5月10日 (日)

真面目な話・・

 今日、久々にとあるコースを走りに出かけた。このコース、週末にはよく走っていたのだが、数年前に「トイレ大ピンチ」になったので、それからはお腹の様子見で走っている。今日は「まあ大丈夫だろう。」と思った次第。

 しかし、9km過ぎから「ん?」という状態になり、今までなら「折り返し(11km付近)まで何とか・・(とはいっても折り返しにトイレがあるわけではない)」と走ったかもしれないが、前のヤバさを思い出し引き返した。そして引き返して10km付近に公衆トイレがある。前はそこに紙がなかったのだ。

 一応「まだ大丈夫」という状態だったが、念のためにそこに寄ってみたのだが・・。まず当然「和式」。しかも便器の後ろが○○チョスで汚れている・・。しかし、トイレットペーパーはある。予備もちゃんとある。

 いつもの、ちゃんとしたトイレ(スーパー)まで8km・・。「ここは、やろうと思えばできるのでしておいたほうが良い。」と判断し、○○チョスを避けながら、何とかできた。さらに手を洗うところに石鹸もある。素晴らしい。日本(の公衆衛生)万歳!

 そこからは、無事予定通り21km(キロ7分04秒)を走り終えたのだが・・さて真面目な話というのは、災害とかでトイレ(大)が不十分な時、人は何を優先するのだろうということだ。

①紙はあるが個室でない。穴を掘るか、いわゆる野〇〇。人に見られる可能性あり。

②個室だが、紙はない。流すこともできないため、前の人の○○チョスが残っている。

③何にもない。あるのは水のみ。

 昔読んだ相原コージの漫画に「中国に旅行に行った時、大の方に仕切りがなかった。」というのがあった。人に見られるかどうか・・というのはもしかしたら「慣れ」なのか。そういや、最近の子は小も個室でするって言ってたような・・。我らが子どもの頃の実家のトイレって小と大が別れてたけど、今はそうじゃないものなあ。

 昨日も21kmをキロ6分49秒。金は休養。

|

« 久々に | トップページ | オンライン申請 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々に | トップページ | オンライン申請 »