« 書替えられた国書 徳川・朝鮮外交の舞台裏 | トップページ | 勝ちスイッチ »

2020年1月21日 (火)

またまたナイキのシューズの話

 今日は13kmがキロ5分53秒。昨日は休養。

 走る前はだるかったのだが、走ってみたらキロ6分を切るペース。特にペース走でもない「ジョグ」のつもりで走って感覚的にはキロ6分40秒台くらいのつもりだったのだが・・。こんなペースは想定していない。

 このナイキスーパーフライ3なのだが、厚底で足をカバー!とかもあるかもしれないが、何となく「走りに効率のいいフォーム」に矯正してくれる気がする。私の場合、右足が開いてというか、極端にいうと、右足を外に回すように出して走る感じ(ゴールまでの必死の写真を見ると、必ず右が開いている)なのを「ちゃんと、真っ直ぐに出して走りなさい」と直されている気がするのだ。

 えーと、つまり、他のシューズの時には「右足外回転」が意識されなかったのだが、どうもこのシューズでは意識されるのである。そのせいかどうかしらないが、右足の股関節辺りが少し変な感じ。あと、関係ないかもしれないが、右足親指下足裏が痛い。

 まあ、すべて勘違いかもしれない。たまたま前日休養してたのがよかったのかも。

|

« 書替えられた国書 徳川・朝鮮外交の舞台裏 | トップページ | 勝ちスイッチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書替えられた国書 徳川・朝鮮外交の舞台裏 | トップページ | 勝ちスイッチ »