« 第31回加古川マラソン(その3) | トップページ | ワンピース95巻 »

2019年12月27日 (金)

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

 を見に行く。ネタバレになりそうなならなそうな感じで書いてみる。

 一切のSW情報スルーしてを映画館へ。見る前に「スカイウォーカーの夜明け」だから、「スカイウォーカーの血筋を引くものがいい感じになるんだろうな」、と思った。生きてるのもは「レイア」と「レン」しかいない。

「レンが多分改心するためには、どんな出来事が必要なのだろう」「アナキンも息子が殺されそうになって、改心したから、やっぱ肉親?」「死んだソロが実は生きてて、なんかある?」「それとも、レイア関係?」

とか、

「レイは結局誰の子(誰の血筋)なんだろう?」「アナキンみたいに突然変異?」「ままままさかのレンとの双子?」「スカイウォーカーの夜明けだから、何か関係ある?」

とか、

「もしかして、今まで亡くなったジェダイが霊的なもので登場して、レイを導いたり反乱軍に加勢する展開?」

など予想していった。

すると、入り口のSW関係図に、なんと「パルパティーン」の名前があるではないか!まさか、この最後の作品で死んだはずの「皇帝」が・・。「エピソード6で皇帝があっけなく死んだ」と書いたことがあったが、あの皇帝が・・どういう関わりなんだろう?

 で、見た。なるほどこういう展開なのか。面白かったけど、ジェダイって何でもありか?とも思ってしまった。それと、「血筋」を上回る共通項としての「ジェダイ」。ちょっと、「国籍を超えて」「同じ『立場』にある者同士」ということを考えてしまった。

 昨日は雨で休養。今日は14㎞をキロ6分41秒。

|

« 第31回加古川マラソン(その3) | トップページ | ワンピース95巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第31回加古川マラソン(その3) | トップページ | ワンピース95巻 »