« 即位礼正殿の儀 | トップページ | 走って、悩んで、見つけたこと。 »

2019年10月25日 (金)

アキラとあきら

(池井戸潤著)を読んでいる。主人公の一人「瑛」が高校生になったとこである。これから二人の「瑛」と「彬」がいかに交わっていくのか・・。

 小学生の「瑛」の家の工場が倒産し、夜逃げするところで泣きそうになる。思えば、うちの死んだ親父が勤めていた会社が倒産した時はもう働いていて、個人的には大きな影響はなかったのだが、これがもし小学生の時だったら・・。危ないとこだった。(その前に、親父が事故になって死にそうになった方が大変だったが。これも危ないとこだった。)

 ちびちび読んでいきたい。

 今日は10kmをキロ6分43秒。昨日は雨で休養。一昨日は15kmのペース走。7kmまではキロ5分9秒くらいで、その後ペースアップして最終的にキロ4分58秒。

 

|

« 即位礼正殿の儀 | トップページ | 走って、悩んで、見つけたこと。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 即位礼正殿の儀 | トップページ | 走って、悩んで、見つけたこと。 »