« 会計の世界史 | トップページ | 第7回ベトナム・ダナン国際マラソン(その1) »

2019年8月 7日 (水)

こち留 こちら渋谷警察署留置場

(冲方丁著)を読みかけ。


 数年前、冲方さんが「妻にDVで逮捕」の記事を読んだことがあり、「あの『天地明察』を書いた人が奥さんに暴力をふるうような人だったんだなんてー」と当時思った。


 で、そのまま思い続けていたのだが、なんと、不起訴処分でまったくのえん罪だったらしい。妻側が慰謝料的なものを盗りたいための「でっち上げ」っぽかった。 その留置場での体験を書いたもの。なかなか興味深い。留置場では、罪を犯しているかどうかまだわからないのに犯人扱いされるのは有名な話。悪いことを実際にしていれば、そういう目に合わされても仕方ない気もするが、やってないか場合、これほどひどい話はない。 とりあえず、信頼できる弁護士(事務所)の名刺が欲しくなった・・。


月は走らず、昨日は5kmをキロ7分43秒。今日は休養。


 



 

|

« 会計の世界史 | トップページ | 第7回ベトナム・ダナン国際マラソン(その1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会計の世界史 | トップページ | 第7回ベトナム・ダナン国際マラソン(その1) »