« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

あちい

 もう、日が沈みかける時間でないと走る気にならない天気。

 昨日12kmをやっとこさキロ7分30秒。やっとこさって、折り返しまでキロ7分44秒くらいだった。今日は11kmをキロ7分24秒。走らなかった次の日走り終わって体重計ると1.5kg以上落ちてる。ほぼ水分。

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

第50回防府読売マラソン

のエントリーができなかった~。がっくし。

 フルマラソンで3時間半が切れなくなり、4時間切りのカテゴリー4でエントリーしようとしたのだが・・。

20時からパソコンの前でじっと我慢。やっとつながって、「ああ!記録を入力しなきゃあ」と昨年の防府読売の完走証を出したりして、入力し終えたら

「カテゴリー4の募集は終了しました(多分、こんな表現)。」という表示が。この間13分間の出来事だった。あああああああカテゴリー3だったらこんなことになってなかったのに・・。

 代わりの大会、どないすべー。

今日は休養、っていうか20時までに準備せねばならなかったので走れず。

| | コメント (2)

2019年7月28日 (日)

カササギ殺人事件

(アンソニー・ホロヴィッツ著)を読了。


 図書館で「上」を借りて読んで1か月近く、やっと「下」が借りることができた。本格ミステリー好きには面白いだろうな、という作品。


「上」を読んで1カ月以上もたってしまったので、その面白さが半減したかもしれない。さらに、読み終えたらもう1度「上」を読みたくなるような設定なのだ。手元にないため、どうしようもない。図書館で借りずに「上」「下」と購入して読むべき本であった。


 木は13kmをキロ6分55秒で。何とかキロ7分ペースでと走る。金は疲労が溜ってて8kmがやっと。しかもキロ7分57秒。土は20km走りたかったが、暑くて18kmで挫折。キロ7分34秒。今日は曇りで昨日ほどではなかったため、20kmをキロ7分27秒。但し、14kmまでキロ8分近かった。


 夏ってこんなもんだっけ?



 

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

走ろうと思ったら・・

 玄関先で向かいの奥様方が騒いでた。「大きな蛇です!どうにかできませんか?」と言われた。

「えーと・・・捕まえて、どっかに投げますかね?」と言うと、「えー!どっかってー」と言われてしまった。たまたま1軒隣の家に介護士さんらしい人が来ていて、その人と火箸で押さえつけて、捕まえた。しかし、「生け捕り」のまま、というわけにもいかず、奥さまの一人から借りたスコップで首を切った。これが皮が厚くてなかなか切れなかった。合掌。

 それから走って12kmをキロ7分27秒。久々にキロ7分で走れた。月火は、だるくて走る気にならずに休養。

 蛇の件を同居人に話したら、「青大将なら、ネズミやら害虫を食べてくれるので、殺すことはないのに。」と言われてしまった。

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

片思い

(東野圭吾著)を読了。題名から「何か、恥ずかしいなー。」と思って手を出しかねていた本。しかし、例によって読み始めたら止まらなくなってしまった。

 殺人事件というミステリー仕立てだが、中心は「性同一障害」というか、「男性」「女性」って分けるのはどうなんだ、という話が中心と思えた。それとアメフトの比喩(主人公らが大学のアメフト部だったため)が多かったが、アメフトのことがさっぱりの私にはその比喩がわからなかった。わからなくても面白い。

 木金は休養。雨だったか?土は3時間走で22km。キロ8分20秒もかかる。今日は用事があって分割して走る。午前11km。キロ8分12秒。夕方も11kmでキロ7分57秒。もう8分台でしか走れない。どうなっておるのだ。

 

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

プラチナデータ

(東野圭吾著)を読了。リアルな世界ではまだ発明もされていないDNA解析による犯人捜査。現実っぽいのに設定は未来的なのが嫌なので長らく手を出さなかった作品。ゆっくり読もう、と思ったが、続きが気になり2日間で読んでしまった。面白かった。


 読む前は「プラチナデータ」って天才的な遺伝子データのことかと思ったが、まったく違っていた。ネタバレになるけど、情報管理はするけど、お偉いさんたちは別ですよってやつ。いやー、リアルな世界でもお偉いさんに近いほど、○○を××してもらえるのかもしれんよなー。自分にも権力があったら、頼まれれば便宜を図ってしてしまいそう。人ってそんなもんだろうって気もする。


 昨日は休養。今日は11kmをキロ6分57秒。レースでスピード出して走ったし、1日休養したし、ちいたあ楽かと思ったが、しんどかった。


 

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

第23回ピクニックラン桜江

 の21kmに昨日参加した。昨年は豪雨災害で中止となり、申し込んでいたため半額で参加できた。

 天気が心配だったが、雨は降らず曇っており日差しもない。この時期にしては好条件のマラソンとなった。スタート30分ぐらいまで休み、それからトイレにストレッチ。2~30mくらい2,3本軽く走ってみて、ゼッケンが腕に当たらないかチェックする。で、細かいことだけどあたるので付け替えた。

 前半はフラットなコース・・・と思っていたが、小刻みなアップダウンがある。いつぞや踏切で止められたが、三江線が廃止になりその問題はなくなっていた。後で見たらキロ5分前後のペース。

 受付場所をすぎた後半からは登り。昔は登りになると人を抜くことはあってもそんなに抜かれることはなかったが、今回はわりと抜かれた気がした。ここ最近平坦な道ばかりで練習しているせいかもしれない。んで少し下りがあってラストにまた急な上りがある。時計を見たら一昨年の記録が切れそうなので必死になって走った。結果的に一昨年より1分少々早かった。天気に恵まれていた。

 ゴール後、切ったスイカを3つほど食べる。滅茶苦茶うまい。そこから荷物を受け取り、温泉へ。もう人でごった返していた。温泉から出て、おにぎりと素麺を食べる。素麺が美味い。

 約2か月ぶりのレース。レースはしんどいけど、参加したらやっぱり刺激になるなあと感じる。

 今日はほぐし気味に9km。キロ8分。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

箱根0区を駆ける者たち

(佐藤俊著)を読了。面白かった。


 2018年の東海大学陸上部。箱根駅伝にエントリーできなかった4年生を対象に取材したドキュメント。両角監督、コーチ、主務、選手らの関係などが結構赤裸々に書かれている。監督への不信感を語ったり、4年生のキャプテンとエースが箱根が終わっても対立したまま・・。そうなのかーと思ったのが、選手が選んだ箱根メンバーと監督が選んだ箱根メンバーを比べて、同じ区間で同じ選手は結果が大崩れしてないとか・・。そして、青山学院・・というより原監督と両角監督との比較で、ところどころで、著者は両角監督の指導の方が「教育者」としている気がするし、原監督の姿勢を「批判」とまではいかないが「いかがなものだろう」という雰囲気を感じる。経歴では著者自身は青山学院の出身。(陸上部ではないと思うが)


 木に12kmをキロ7分12秒。金と今日は休養。何故なら明日がレースだから。雨らしく、とっても嫌。


 

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

蒸し暑い

 先週は疲労が溜ってる感じがしたが、日曜は夕方に何とか15kmをキロ6分50秒。

 今週は雨模様と言いながら、月・火と夕方に雨は降らず。「あー、走らんにゃあいけんかー。」と妙な義務感から月は3km、火は7kmをキロ7分30秒以上で走る。

 今日は、若干雨が降っていたのでオフ。

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

フィンランド民謡

 5月頃のことである。車でいつものようにラジコで『午前さまさま』を聞いていたら、突如(でもないけど)河村アナウンサーがこの歌を歌い始めた。見事だった。

 初め「何が起こった?」と思ったが、聞いてるちょっと癖になる。「初音ミク」案件なので帰って娘1号に聞いてみたら、そこそこ話題だったらしい。  
 「なんで5月の話が今頃?」と思う人・・・・もいないか・・・どうかは知らないが、やっと「YOU TUBE」の動画の貼り付けがわかったのである。ブログの仕様が変わったせいか、YOU TUBE側のせいかわからないが、サイズがハマらなかったのだ。やれやれ。
 
 昨日は、もうヘロヘロで20km。キロ8分12秒。ひどい。キロ7分で走れる気がしない。今日は午前中1時間、団地の大掃除。ここ最近(走り)の疲労具合から、夕方どうしようかと悩み中。

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

左臀部

 水曜にキロ6分で11km走った。

次の日、左臀部上が痛い。おそらく中殿筋ではないかと思われる。

今までなら、キロ6分ぐらいで痛くなることはなかったのだが、ここ最近はこのスピードで痛くてかなわなん。

木曜はキロ7分で10km。これでも痛くて、今日はキロ8分30秒で10km走った。どうにもならん。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

ルポ西成

七十八日間のドヤ街生活(國友公司著)を読了。

 大阪に宿泊する時、1000~2000円台で宿泊できるので西成に泊まることがある。風呂トイレ共同。部屋は3畳くらい。冷暖房完備。泊るだけならまったく不自由がない。危ないと思ったこともない。できれば、このまま「のべー」とここで生活しようか・・と思ってしまうこともある。

 が、この本を読んでみると、結構アブナイ・・。著者は20代で筑波大卒。土方で「使えない奴」になっていて危ない目にあってる。やはり長期に滞在してみないとわからないこともあるよなあ。

 昨日は休養。今日は15km。キロ7分08秒。

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »