« 家電あるある | トップページ | ややや »

2019年6月23日 (日)

ドゥ・ゴール

(佐藤賢一著)をもう少しで読了。

 フランス・・第2次世界大戦でドイツに早々に降伏し北半分はドイツの占領地、南半分はペタン元帥を首班とする傀儡政権。そんなフランスが戦後、戦勝国として国際連合の常任理事国となり、「大国」の一角を占めるようなったのは、ドゥ・ゴールの不屈の闘志があったからだとわかった。危うく、三国同盟で早々降伏した敗戦国イタリアと同じような扱いになるところだったらしい。

 その政治感覚というか、統治能力というか、「フランス愛」というか・・すばらしいものがある。イギリス・アメリカとの駆け引き、特にアメリカに対して、まったく妥協しない。核保有をしていれば、またフランス一国で厳しければ、宿敵だったドイツと組む(これが後のEC→EUに発展)ことによって対等に交渉できる、という戦略。面白かった。

 土は3時間で24km。日は「また3時間くらい走るかー」と思ったが、思いのほかペースを上げることができ、途中から「このペースで20kmにしておこう」と変更。結局20kmをキロ6分28秒で。

 

 

|

« 家電あるある | トップページ | ややや »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家電あるある | トップページ | ややや »