« 第39回魚津しんきろうマラソン(その2) | トップページ | 北陸旅行その2 »

2019年5月 3日 (金)

北陸旅行その1

 レース後、割引券がついていた温泉に入る。硫黄の匂いがかなりする。温泉でさっぱりした後、とりあえず能登半島を目指す。

 能登半島の根本にある和倉温泉に行くが、温泉に入ったばっかりなので、温泉街の雰囲気を味わうだけにした。目指していた海鮮丼の店が閉まっていたので、お好み焼き・鉄板焼きの店に入る。何で能登まできて「お好み焼き」なんだと思わんでもないが「豚玉」を注文。

「あ!これは『関西風』だ!」と注文後に気づく。「そばorうどんなし」なのだ。

隣の家族連れのテーブルにボールに入ったお好み焼きの具材が届けられた。「え!?自分で焼くのか!」

 前々から「何で金払って素人(の俺)が焼くのだ?」という「関西風」のルール(?)に疑問(というか「ありえんだろう」という考え)を感じているのだが、自分で焼くから「『お好み』焼きなのか?」と思いつく。(違うか)

 んで、俺の所にもボールで具材が来た・・・「えーと、自分で焼くんですね・・・・」とかなりショックを受けましたという雰囲気を出して、つぶやいたら、「時間がかかってもよければ焼きますけど」と言われた。「是非!」と返事をして事なきを得た。「広島から来たんですんません」とよくわからない言い訳も。広島以外では「関西風」が標準というのが改めてわかった。

 その店を出ると辺りは暗く、もはや能登半島の先に行っても「真っ暗で何も・・」みたいな状況だと思うので、ネットで検索し、金沢市内にある朝3:00まで1000円の健康ランド的なところに行く。さあ、次に目指すのは福井県の東尋坊だ!

 4月30日はレース後の疲労でキロ8分以上かかって10km、一昨日は2時間キロ7分30秒で16km。昨日は用事で走れず。今日はいい天気なんだけど、不確定な予定が入り未定状態。

 

|

« 第39回魚津しんきろうマラソン(その2) | トップページ | 北陸旅行その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第39回魚津しんきろうマラソン(その2) | トップページ | 北陸旅行その2 »