« あおり解説 | トップページ | ダイエットモード »

2019年3月10日 (日)

共時性

 今日、まったく別テーマの2冊の本で「1950年代、日本政府にドミニカ移民を勧められ、ひどい目にあった。」という記述を読んだ。一つは『もっと言ってはいけない話』(橘玲著)、もう一つは『眺めのいい人』(伊集院静著)である。

 『もっと・・』の方は「日本人の優秀さ」の例で、『眺め‥』の方は「新聞は信用できない・・」の例である。なんという偶然。

 昨日は5分ペースで15km走ろうとしたんだけど、左足の付け根と左側臀部に違和感があって止めた。何か、プラモデルなら「カチッ」とはまってない感じなのだ。結局、400mぐらいの坂道をキロ5分30~6分ぐらいで上り、ゆっくり下ることを何本か繰り返す。

 んで、今日は20kmぐらいゆっくり走ろうと思っただが、雨の日。走れないのでゴロゴロして1000歩も歩いてない。調整が・・。

 

|

« あおり解説 | トップページ | ダイエットモード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共時性:

« あおり解説 | トップページ | ダイエットモード »