« 徳島マラソン2019 その2 | トップページ | ポテチ »

2019年3月21日 (木)

2019徳島マラソン その3

 スタートの合図が、ちょっとしけた感じで鳴ってスタート。
ゲストの神野さんや野口さん金さんがスタートラインの台場で手を振っている。
このスタートラインにたどり着くまで約2分かかる。
 最初の1kmでラップを見ると7分近くかかっている。「まあ、しゃあないか」と思い淡々と走る。
次の1kmが4分50秒台。「ちょっと早いかな。」とそこからは例によって抑え気味の体感で走る。
コースはほぼフラットで走りやすい河川敷。参加人数が多いため、人が途切れることがない。お接待というか、給水も充実しているが
「ゆっくり食べながら走ろう」というエンジョイランではないため、走りながらコップと取り、立ち止まらずに飲み干す。
レース前、知人に「給水所が充実しとる」と話をしたら、
「レース中よりもレース後にラーメンとか補給物資を回してくれればいいのに」と言っていたが、一理あるなあと感じる。
まだタイム度外視で、補給物資をすべて堪能するマラソンには踏み切れないなあ。
 そんなこんなで走ってたのだが、天気予報では「腫れ」となっていたのに、曇りから雨が降り始めた。25km過ぎからは横風もひどくなり、雨が耳の穴に入ってしまうほど。給水所のテントも飛ばされそうになるため、皆さん必死に足を押さえていた。
さらに雨ではなくみぞれ混じりとなり、風も強いためマジに「体が冷たい」と感じるようになる。
メッシュの長袖ウエアにランシャツだったので、ランシャツで大きく開いた胸の辺りが冷え冷えである。
「どうなるんだこれは・・」と思いながら、まあとにかくゴールしないとこの難行苦行からは逃れらえないと思い我慢して走る。
 35km過ぎから、余力があったのでペースアップしたつもり。実際後でタイムを見るとこの7kmがほぼ4分50秒台で走っている。
結果的に防府よりグロスで3分、ネットでは5分ぐらいタイムが良かったのだが、3時間30分には及ばなかった。
昨年も防府より鳥取マラソンの方がタイムが良かった。俺としては防府をメインに考えているのでこの結果についてどう考えたものか、と思っている。もちろん、コースや気象条件等の違いはあるんだけど。
 今日は90分のLSD。キロ8分03秒で11km。

|

« 徳島マラソン2019 その2 | トップページ | ポテチ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳島マラソン2019 その2 | トップページ | ポテチ »