« 久々のビール | トップページ | 日本酒 »

2019年3月31日 (日)

壬申の乱と関ヶ原の戦い

なぜ同じ場所で戦われたのか (本郷和人著)を読了。

 他にも室町幕府を成立させた戦い「青野ヶ原の戦い」もこの付近で行われたと言われ、なぜ日本史上重要な戦いが同じ場所で行われたのか、ということを取り上げている。

 実は、内容より、呉座勇一氏のベストセラー『応仁の乱』への批判があり、そっちの方が興味がわいた。なぜなら、この本を読む前に、新聞のコラムか何かで呉座氏が本郷氏の発言を批判していたからだ。このコラム、なかなか面白く、「想像でしかない(学者から見ればいい加減な)日本史の与太話を小説にするような作家を「歴史の専門家」として取り上げるな(多分、こんな趣旨)」「歴史に物語をもとめるなら『ワンピース』を読んどけ」等ズバズバ切っていたからだ。ネットで調べたら、結構あちこちで論争しているらしい。面白い。

 今日も体調はよくなかったが、走る。少しでも体を動かした方がよくなると信じて。2時間のキロ7分20秒くらいで18km。

 

|

« 久々のビール | トップページ | 日本酒 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々のビール | トップページ | 日本酒 »