« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月27日 (火)

パジャマ

 少し前から寒くなったので、冬用のパジャマを出す。2着あって交互に着てる。古い方は大学の時から着ているので、かれこれ35年近くになる。最も長きにわたり肌に密着してる「ブツ」だ。

 入院して死ぬ時も着てるかもしれない。死んだら一緒に棺桶に入れてもらおう。

 昨日は休養。今日は17km。キロ7分19秒。平均心拍数133。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

終末の練習

 じゃない、「週末の練習」

 昨日はキロ6分で3時間30分、35kmを目指して走る。結果的にキロ5分56秒で36km走る。わりかし楽にキロ6分切れて走れるなあ、と思いきや20km過ぎたあたりから、ダレるというか、ペースを維持するのに苦労する。23kmで6分13秒となりヘロヘロ。24kmで自販機給水。その後何とか踏ん張った感じ。

 今日は20km走るとして、どういう走り方をしようか悩む。昨日の疲労が残っていたので、「まあ、のんびりと・・。」と思っていたが、「いや、40km走もしてないし、ここはあえてキロ5分30秒ぐらいで」と思い走り出す。結果的にキロ5分27秒で20km。キロ5分28秒~25秒の間で推移していたが、ラスト3kmで5分30秒を超えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

電波の城

(細野不二彦著)を読む。2回目である。

 数年前に読んで悲劇的な結末の印象が強く、再読するのをためらっていたが、読み始めたら止まらなくなる。ただいま19巻目。そろそろ終末に向かいつつある。

 細かい内容はすっかり忘れていたため、衝撃の結末はわかっているが、ストーリを楽しめている。ちょうど時代はブラウン管から地デジに移行する時、ツイッターなどが流行り始めた頃である。大手放送局の問題点を描いている。それは今も変わってない気がする。

 娘1号情報では、最近の子どもはテレビでネットTVやユーチューブを見るそうな。後はゲーム。もはや新聞も取らなければ、既存のテレビ番組も見ない世代が出来上がっている。

 水はいつものペース走。14kmをキロ4分56秒。10kmぐらいでどこぞのランナーと競ってしまい、その時だけキロ4分23秒をたたき出す。最近では稀。でも、その後ペースダウン。

 木は3km。今日は用事があって細切れ。朝にキロ5分47秒の6km。夕方にキロ6分56秒の9km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

ゴーン!

 ネットニュースで、ラジオドラマ「安部礼司」は継続・・・ってあった。そうか、日産1社の提供だったんだなあ・・。慣れの問題かと思われたリニューアルもまだ「いまいち」感から抜け出せないし・・。

 昨日は5kmを6分45秒。今日は休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

例年なら・・

 坂町ベイマラソンの日だが、今年は延期?中止?なのでなし。

 水曜は休養で、木曜は14kmのペース走。キロ4分59秒。とにかく前半の7,8kmまで5分13秒くらいのペースなのである。平均心拍数が163。金は8kmのジョグ。木の疲労が残っていて、キロ7分49秒。平均心拍数143。土は33km。キロ6分26秒。平均心拍数157。

 昨日しんどかったので、本日は20kmのLSD。キロ7分14秒。平均心拍数133。

 こうして書いてみると、金のキロ7分49秒で心拍数が143もあるののは、どういうことなのだ。公私共々の疲労の蓄積?

 さて、このままの予定で行くと、防府まで長い距離を走っても33~35kmである。例年ならベイマラソンの42kmが40km走の代わり、だったのだが、最近ではとても1人練習で40kmは走れない。どうなるんだろう・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

ちまちまと

 昨日は10kmをキロ5分57秒。平均心拍数143。

 今日は5kmをキロ6分52秒。平均心拍数132。でも、昨日よりもしんどかった。

 録画していた「探偵ナイトスクープ」を見る。3本とも当たりだった。しっかし、1本目の10歳の子ども。何で母親の年齢が33歳→本当は46歳だったら泣くんだ?嘘つかれてたことが悲しいのか?妹はわりと平気なのに・・。2本目は見ながら「マジか!!」と思った。ネタバレになるので書けないが。3本目の「ザ・テレビジオオオオン」は本当に傑作だと思う。専門家ってすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

ふるさとは本日も晴天なり

 (横山雄二著)を読了。20年、いや30年近く前に仕事帰りで、カーラジオから流れる  「ジューケン キャンパススタジオ」を聞いて、「いやー、RCCにすげえアナウンサーがいるなあ。」と感心。それからは、きちんとは聞いてないけど、昨年スマホを購入した結果、「ラジコ」で横山雄二の「午前様様」をたまに聞いて、「やっぱ、すげえなー」と思う。

 この本、「自伝的小説」で、「的」な部分もあるだろうけど、おそらく実話に近いのかなあ・・と思いながら読む。誰だろう、横山雄二が灰皿を投げつけた部長って?

 仕事と家族、で、その家族のことだが父親の死が冒頭にある。自分の父親が亡くなった時と比較するに、自分は「これが普通かな」と思ってたけど、世間の基準から見れば「冷めてた」のかもしれない。父親の遺体と一晩、私も過ごしたんだけど、「親父~、一晩語り明かそうな~。」とは全然思わず(そんな発想もなく)、「普段でも寝れないから、こんな状況じゃあ、ますます眠れんだろうなあ。」と思ったぐらい。結局、まったく泣くこともなかった。

 が、前にも書いたかもしれないが、ふと一人で車を運転している時に、親父のことを思い出して、泣きそうになることがある。他にも「、もっといろいろ聞いておけばよかったなー。」とか。

 やっと風邪が治ってきた。木が休養。金が6分30秒で10km。土が用事で走れず。今日は3時間30分で31km。キロ6分46秒。平均心拍数144。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

かぜびいだ~

 昨日朝起きたら喉がひじょーにイダイ。しかも白竜湖の筋肉痛か風邪のせいかわからないが、あちこちイダイ。

 早々に寝て、だいぶ楽になったが、やっぱり喉はイタイ。他は珍しく頭痛もなく、咳も出ない。

 と・に・か・く、声を出すのが、喉チン〇を震わすのがイタイ。何か飲み込み始めがイタイ。

 昨日は走らず。今日は「こんな時こそ、走るべ~。」と出かけたが、キロ8分もかかって10km。

 断酒を止めて、同居人がもらったという焼酎を喉の消毒に飲んでいる。いいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

大家さんと僕

(矢部太郎著)を読了。

 えー話や。自分だったら、こんな風に大家さんに接することはできないけど、えー話や。

 今日は6km。筋肉痛。キロ8分10秒ぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

第35回白竜湖ふれあいグリーンマラソン

 の20kmの部に参加。

 天気も良く、若干日差しの暑さを感じるが、風もなく、走ることについては申し分のない天候である。

 いつものように1時間前から、ゼッケンをつけたり、ストレッチしたり、軽く走ったりする。走るのは3~400mぐらいのジョグと、4~5本のダッシュ。スタート15分前にグランドに行き、5分前にスタート地点へ。

 スタートして、後は例によって淡々と走る。今回は、か、今回も、か、体感で時計を見ずに。一番気持ちよく走れたのは、折り返した8~9km地点。13km過ぎぐらいのクネクネ&アップダウンのある小道は走りにくい。まあ、私だけでなく皆さんそう感じてると思う。給水は2回。口を湿らす程度だった。

 特段、アクシデントともなくゴール。もう、記憶が曖昧で「昨年走った。」と思ってたら、昨年は走ってなくて、一昨年だった。その一昨年と比べて20秒近くよかった。いやー、走るたびにコースワーストを更新してたので、少しほっとした。まあ、全盛期に比べれば、7分以上遅いんだけど。キロ4分31秒。何とか4分30秒でまとめたかったが・・。ラスト1kmで4分32秒で、必死こいて走ったが、さすがに2秒縮めるのは無理だった。

 ところで、ガーミンで計ると一昨年も今年も距離は「19.5km」なのだ。だから、記録上は20kmをキロ4分30秒切りで走ったことになってる。他のランナーも同じタイミングで1kmの「ピピピ」が鳴っていたので、俺のコース取りのせいではないと思うのだが・・。クネクネ道が多いせいなのか?どうなってるんだろう。

 さて、俺のマラソンレース本番用ファッション。走り始めた20年近く前よりまったく変わってない。この気候であればランパンランシャツである。どうも最近、この格好で走るランナーが少なくなってる気がする。特にランパンはいろんな意味で「ギリギリっす。」的格好だなあって思ってしまう。さりとて、タイツ的なものは練習ではいいけど本番は暑苦しくて嫌なんだけどなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

「全告白 後妻業の女

『近畿連続青酸死事件』筧千佐子が語ったこと」(小野一光著)を読了。 

 まあ、この女性(千佐子)がサイコパスとか、だまされた男が可哀そうとかいろいろあるが、本筋じゃないところでいうと、各県警が「病死」で処理した案件が、ほじくり返され、それに対する反発もあって捜査が思うように進まないというのが「そんなもんだよなー」と思ってしまった。

 昨日今日と休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »