« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月28日 (火)

断酒

 人間ドックの前日からアルコールを体に入れてない。

 気持ちは「ゆるーく断酒」ということで、自ら進んで、つまり購入してのお酒は止めておくが、どこからともなく手に入ったお酒は飲む、というぐらいの断酒。

 どこからともなくお酒は手に入っていないため、1週間の断酒となっている。

 で、体調がいいかといえば、全然変わってない。相変わらずの寝不足状態。1週間ぐらいじゃあわからんか。まあ、酒を飲んでいた時にひどく体調が悪かったわけでもない。

 昨日は休養、つーか、用事を済ましていたら遅くなって走れず。

 今日はすごく眠くて、1時間を目安に走る。キロ7分48秒の8km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

週末

 しかし、暑いな。

 昨日はキロ7分30秒。2時間30分の20km。給水1回。3時間走をしたいところなんだけど、今のところここが限界。次なる目標は2時間45分ぐらいか。

 今日は夕方に12kmのペース走。キロ5分31秒。これもこの辺が限界。しばらく、このペースと距離を維持する感じ。

 おそらく、例年と比べ・・・いうか、年々質量ともにダウンしている。果たして、12月の防府読売マラソンまで、どれだけ仕上げることができるだろうか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

身長

 そういや、人間ドッグで恐るべきことがわかった。

 2年前から徐々に身長が縮んでいるのだ!2年前→1年前が約2mm、1年前→今年が約3mm。なんと5mmも縮んでる!

 どうなってるんだろう。そういう年なのか。

 今日は12kmをキロ7分22秒。前半疲れてて6kmがキロ7分40秒台だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

人間ドック

 恒例の人間ドック。

 ただし、今年は胃の検査に「胃カメラ」を選択した。もりろん、じゃない、もちろん鎮静剤つきである。「胃透視」つまり、バリウムは嫌いではないのでが、もうぐるぐる回るのもしんどいし、毎度毎度「詳しくは胃カメラで要検査」になるからである。

 もう胃カメラも4回目だが、実話、この病院。最初の「地獄の胃カメラ健診」の病院だったのである。ただ、前回は鎮静剤なしだったので、今回はそういう苦しみはないだろうと思い選択したのである。

 しかし・・・・検査が近づくにつれて「大丈夫か?」という恐怖が・・。

 アンケートに「前の胃カメラが苦しかった」と記入したが、「どうでした?」「大丈夫でした?」ということを聞かれることもなくスルーされ、またたくまに準備された。

 まずは、喉の麻酔。横になって、喉にゼリー状の麻酔薬を貯める。段々喉の感覚がなくなるのだが、私は子どもの頃から「喉への違和感」が苦手で、この感覚がなくなる、つまり喉がぼやーと広がった感じがすることに、エヅいてしまった。

 「しんどかったら、このコップに出してください。」と言われた。それから喉へのスプレーからの鎮静剤注射。ここで、私の恐怖はMAXに。

 そこから口にマウスをはめて胃カメラ挿入。

 そこからは、「え?胃に入ってる?」というような感覚。喉周りだけ違和感があり、それ以外はそれほどしんどさを感じなかった。ただ、よくゲップが出るので、「ゲップは我慢してください。」と言われた。

 なんとか、これなら胃カメラを受け入れられそうだ。

 他には毎度のことながら100を超えγ‐GDPが高い。断酒に挑戦してみようと思う。

 今日は休養。台風、今のところそれほどでもない。

 昨日は、ステップ180以上と心拍数140以上を意識して11km。キロ5分34秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

お文の影

(宮部みゆき著)を読了。

怪奇(幻想?)時代劇物の短編集でどれも傑作だった。

 が、amazonの☆がそれほど高くない。何でか?って思ったら、何か発表された作品を集めたか改題したかで、「だまされた感」があったようだ。購入する前に中身を見たら「あれ?これ読んだことあるなあ」と思わなかったんだろうか。あっと、ネットショップなのでそういうことができなかったのか。

 でもそんなあこぎなことをする出版社のせい(だと思うが・・許可したのは著者かもしれないし・・微妙)で、作品の評価とは違う気がするけどなあ。

 昨日はあまりにも疲労が溜っている感じがしたので、いつものマッサージ。気持ちよかった。

 今日は12kmをキロ7分07秒。ちょっと前まで涼しくなったと思ったが、蒸し暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

長崎(その3)

 翌日は「地獄」に。

Photo


 雲仙温泉である。硫黄の匂いがばんばんしている。ここら辺の駐車場は1日500円。車を停めて、ぶらぶら。「懐かしのおもちゃ博物館」というものもあった。江戸時代以前ならば、この地域に住んでいる人なら当たり前の光景でも、見たことない人が見たら「地獄」と思ったのかもしれない。情報がない時代の方が、驚きも大きかったろう。

 どっかの温泉にでも入るか、と思い事前に調べていた「100円」の温泉に。これが、思いのほかよかった。温泉は白濁しており、私にとって若干熱く感じるがすぐになれる熱さ。これで100円ならいうことなし。温泉に入るだけなら無料の駐車場もある。

これがその温泉。

Photo_2


 この雲仙温泉から、ちんたら一般道で自宅に向かう。途中、諫早湾の水門(だと思う)を見かける。堤防内は一面、水田である。wikiによれば食料が足りなかった1950年代に思いついたらしい。しかし、その後「米余り」という状況になる。

 Photo_4

  さすがに、ずっと一般道というわけにもいかず、途中で高速に乗って帰る。民主党政権だったか、「高速道路1000円」の時代が懐かしい。とはいうものの、運送会社にとっては大迷惑だったように記憶してる。一体、道路公団の利権的なものはどうなったんだろう。

 今日は3時間ぐらい走るぞー、と思ったが、2時間30分の20kmで挫折。途中自販機給水500mlが2回。涼しくなったとはいえ、日中はやはりきつい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

長崎(その2)

 イージス艦見学後、旧遊郭の丸山町へ行く。

これが旧遊郭入り口付近にあるレトロ交番。今も使用されている。

Photo_6


 旧遊郭らしい建物もあったのだが、写真を撮り忘れている(撮ったつもりだったんだけどなあ)。

 付近はスナックとか居酒屋とか小さい飲み屋街である。私はこのような店に自ら進んで行ったことがない。若い頃、職場の先輩から「ボトルキープしている」とか言われて、連れて行ってもらったのだが、正直、何でこのような店に飲みに行くのかよくわからない。お酒を飲むなら、自分で店で購入して、適当にツマミを買って飲めば安上がりでいいのになあ、と思う。お子ちゃまだからだろうか・・。

 あちこちの面白そうな路地を探索し、中華街や出島に出る。中華街はこじんまりしてた。出島は入館料がいるので入らなかった。

Photo_7


 今日は13km。キロ6分38秒。涼しくて走りやすかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎

 1泊2日で長崎へ。この旅行のメインはマラソンではなく「軍艦島」見学である。

Photo


 よく考えたら、マラソン参加じゃない旅行って久々か・・。

 前もって予約して行ったのだが、島周辺は波が荒くて、上陸はできないと言われてしまった。がっかり。その代わりに島周遊クルーズに変更となる。

 しかし、これが「地獄」だった。この旅行のメインなのに・・・。

 軍艦島に行くまでは、観光案内を「ふむふむ」と調子よく聞いていたのだが、島に近づくにつれて波が荒くなり、船が揺れて気分が悪くなってきた。いわゆる「船酔い」。しかも、これはかなりひどい。グロッキーというか、ダウンというか、軍艦島どころではなくなってしまった。この旅行のメインなのに。

 頭を下に向けて、眠る体制に。時々顔を上げて軍艦島を見るも、吐きそうになる。とても写真が撮れる状況ではない。こんな目に合うとは。非常に残念なことになってしまった。

 港に戻ってフラフラになりなってたら、イージス艦の見学があった。

Photo_3


Photo_4

 後ろの甲板では、海上自衛隊の服装ファッションショーがあった。これは艦内火災の時の服装。

Photo_5


 続く・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

お好み焼き肉玉そばW

 を地元のお好み焼き屋で食す。邪道かもしれないがマヨネーズかけ放題である。

美味かったんだけど、量的に肉玉そばの「ダブル」がきつくなってきた・・・。

今日は12kmをキロ6分48秒で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

翔ぶが如く

 (司馬遼太郎著)を読んでいる。文庫本で全10巻の9巻目。細かい戦闘シーンや地理的なところは読み飛ばしている。どちらかというと、人物評が興味深い。

 読み始めたきっかけは、前に読んだ佐藤賢一著の『遺訓』で、「そういや、明治維新から西南戦争あたり、あんまり興味持ってなかったなあ。」ということから。特に『西郷どん』は見てないが、「結局、西郷ってどんな人だったんだろう?」ということもあった。

 特に、久々の司馬遼太郎である。大学生の頃、結構読んだのだが、社会人になり「結局、歴史上の名のある人物を、未来の高みから評論しているだけかな。」と思って、遠ざかったのである。

 さて、「明治維新」。この本を読むと「西郷」「島津久光」への対抗軸としての「天皇」など、結構ご都合主義で政権が出来上がっている。

 書きたいことはたくさんあるのだが、敗れるパターンはいつも決まっている。「確約もないのに、見込みで味方になってくれる」とか「補給の概念がない」とか「軍事の才能のない司令官」とか「堂々と進軍する」とか・・。

 大久保利通が主人公の大河ドラマの可能性はどうなんだろうなあ・・。

 やっと走れるようになり、今日は、午前中11km。夕方8km。それぞれ走り終わって1kgの体重減で2kg減。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

第3回Mt.六甲トレイルラン&サマーピクニック 2018 (その2)

 最初の5kmはわりと良かったのだが、その後が大変。多分第2エイドの摩耶掬展望台まで「何で参加したんだ?」「まだ3分の1も来ていない」「まったく足が上がらん。」などなど思いながら走るというか歩く。

 ここのエイドでは自動販売機もあり、コカ・コーラを購入。あわてて買ったら「ゼロ・コーラ」だった・・。それでも、冷たい炭酸は心地いい。ペットボトルに給水のスポーツドリンクを補給し、梅干しも食べ、水も浴びる。

 このエイドで生き返った感じがして、そこからはわりと調子よく走り、第3エイドの六甲記念碑台に到着。ここでやっと約半分。2時間半ぐらいかかる。このままいけば、5時間ぐらい。制限時間が6時間だから、なんとか完走はできそうだともうのだが、トレイルはわからん。コースによってはペースが計算できない。

 後半は下り基調なのだが、その1でも書いたように、太腿にかかる衝撃がひどくて、ちょこっちょこ降るというか、恐る恐る降るというか・・。端によけてたびたび後続ランナーに前を譲る。これも私のっての「トレイルあるある」だ。

 川では注意して石を踏んだつもりがすべって「ズボッ」となり、「もういいや」と思い、その後の川ではじゃぶじゃぶ渡る。

 ラスト2kmとなり、走りやすいコースとなり、「そこからが勝負だー」と言わんばかりに走る。とはいうものの、後でガーミンを見たら、キロ7分01秒と6分54秒だった。5時間を切れないタイムだった。制限時間がフルマラソン並みの6時間なので「4時間前後で走れるかな」と思っていたのだが、やっぱりトレイルは違うなあ。これって本来の28kmだったら、5時間30分ぐらいでやばかったかもしれない。

 トレイルといえば、補給が心配なので、リュックにゼリー2つ、塩飴2個、500mlペットボトル1本を入れていたのだが、ここの大会はわりと充実していた。ペットボトルをつけるタイプのウェストポーチでよかったかもしれない。なんにしても、トレイル用のトレーニングとして、階段を駆け上がり、思いっきり降るとか、実際に山道走るとか、とにかく太腿の強化が重要だと思った。まあ、今年度ははもうトレイルは走らないんだけど。

 案の定、昨日と今日は太ももが痛い。大腿直筋?がとても痛くてしゃがむときにつらい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

第3回Mt.六甲トレイルラン&サマーピクニック 2018 (その1)

に参加。28km改め26kmの部である。

 夏にはなかなかマラソン大会がないので、トレイルランニングの参加。毎度のことながら、「トレランとロードは別物」と感じる。ロードは省エネ走法のため、摺り足に近い感じで足をあまり上げないのだが、トレランは太ももを引き上げなければならない。これで太もも君が「日頃こんなに使ってないじゃないですか!」とばかりに悲鳴をあげる。

 降りでは、太もも君への衝撃はロードの比ではない。階段的なところを降る時に膝君よりも太もも君が「このままの勢いで下ると、俺、切れるよ。」的なサインを出す。

 さらに、足をあんまりあげてない&不整地のため、ゆるーい登り坂やフラットなところで石やや木の根っこに躓く。本当にやたら躓く。

 急斜面で岩場的なところは手も使うし、ゴロゴロ石ばかりの(がれ場っていうのか?)ところもあるし、川を横切ることもあるし(今回、滑ってしまい川に入ってしまい、靴がぐしょぐしょ)、ロードにはありえないコースばかりである。(当たり前じゃ)

 これ、すべて走りながら「そうだったよなー、トレイルって」って思いながら走る。忘れているのだ。馬鹿。(続く・・)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

レース

  西日本豪雨で桜江ピクニックランが中止になったため、明後日は3月の鳥取マラソン以来のレースである。この時期なのでトレイル。初めて参加する。まあ、リュックを背負ってのんびりパターン。

 そのため今日は休養。昨日は10kmをキロ7分10秒。

 ところで、漫才のネタには著作権はあるのか。音楽とか演劇は素人のコピーがあるけど、漫才にはない。練習でのコピーはあるかも知っれないけど、人前ではない。

 やっぱ、よりオリジナル性が求められているんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

クタクタ

 昨日走っていて、「こりゃあ、かなり疲労が溜っとるでー。」と思ってしまった。

10kmをキロ7分29秒。

 そう思って、早めに寝たが、例によって深い睡眠は1時間強。まあ、横になって休んでるということか。

 さすがに、この調子とこの暑さで走っても・・と思い本日休養。疲れているくせに、走ってないため体重は激増。先週末から3kg増。まあ、人間の体の6割~7割が水分というのもわかる気がする。しかし、疲労で「痩せる」というのはわからん。体重が増加しているということは、本当は疲れていないのか。

 ここのところフォアアスリート35の歩数ノルマを達成し続けて、計測では15000歩以上となっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

今週のまとめ

 8月1日(水)は走る気にならずウォーキング5km。

 2日(木)は・・・・9kmぐらいだったか。

 3日(金)は12kmをキロ7分30秒。

 4日(土)、トレイルに備えて、500mlペットボトルとスマホなどを入れたリュックを背負って21km走る。キロ7分39秒。途中、自販機で500mlの給水。当然ペットボトルも飲み干していて、なおかつ公園で水も飲んで、さらに空になったペットボトルに水を入れてそれも飲み干す。2ℓは飲んでる。さらにこの日、別なスポーツもあって、そこでへとへとになって1リットルの水分補給。さらにさらに、そっから理由あって歩き(ウォーキング)5kmで500mlの水分補給。帰宅し体重計ったら、60.4kg。今シーズン最低体重だった。食事の水分補給を入れると、4リットル(4kg)以上飲んでるのに、である。

 5日の今日は午前中用事で走れず。昨日の疲労もあって、午後からゆっくり休んで夕方走るも6kmで挫折。体重は62.5kgになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »