« 第3回Mt.六甲トレイルラン&サマーピクニック 2018 (その1) | トップページ | 翔ぶが如く »

2018年8月13日 (月)

第3回Mt.六甲トレイルラン&サマーピクニック 2018 (その2)

 最初の5kmはわりと良かったのだが、その後が大変。多分第2エイドの摩耶掬展望台まで「何で参加したんだ?」「まだ3分の1も来ていない」「まったく足が上がらん。」などなど思いながら走るというか歩く。

 ここのエイドでは自動販売機もあり、コカ・コーラを購入。あわてて買ったら「ゼロ・コーラ」だった・・。それでも、冷たい炭酸は心地いい。ペットボトルに給水のスポーツドリンクを補給し、梅干しも食べ、水も浴びる。

 このエイドで生き返った感じがして、そこからはわりと調子よく走り、第3エイドの六甲記念碑台に到着。ここでやっと約半分。2時間半ぐらいかかる。このままいけば、5時間ぐらい。制限時間が6時間だから、なんとか完走はできそうだともうのだが、トレイルはわからん。コースによってはペースが計算できない。

 後半は下り基調なのだが、その1でも書いたように、太腿にかかる衝撃がひどくて、ちょこっちょこ降るというか、恐る恐る降るというか・・。端によけてたびたび後続ランナーに前を譲る。これも私のっての「トレイルあるある」だ。

 川では注意して石を踏んだつもりがすべって「ズボッ」となり、「もういいや」と思い、その後の川ではじゃぶじゃぶ渡る。

 ラスト2kmとなり、走りやすいコースとなり、「そこからが勝負だー」と言わんばかりに走る。とはいうものの、後でガーミンを見たら、キロ7分01秒と6分54秒だった。5時間を切れないタイムだった。制限時間がフルマラソン並みの6時間なので「4時間前後で走れるかな」と思っていたのだが、やっぱりトレイルは違うなあ。これって本来の28kmだったら、5時間30分ぐらいでやばかったかもしれない。

 トレイルといえば、補給が心配なので、リュックにゼリー2つ、塩飴2個、500mlペットボトル1本を入れていたのだが、ここの大会はわりと充実していた。ペットボトルをつけるタイプのウェストポーチでよかったかもしれない。なんにしても、トレイル用のトレーニングとして、階段を駆け上がり、思いっきり降るとか、実際に山道走るとか、とにかく太腿の強化が重要だと思った。まあ、今年度ははもうトレイルは走らないんだけど。

 案の定、昨日と今日は太ももが痛い。大腿直筋?がとても痛くてしゃがむときにつらい。

 

|

« 第3回Mt.六甲トレイルラン&サマーピクニック 2018 (その1) | トップページ | 翔ぶが如く »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回Mt.六甲トレイルラン&サマーピクニック 2018 (その2):

« 第3回Mt.六甲トレイルラン&サマーピクニック 2018 (その1) | トップページ | 翔ぶが如く »