« 第21回笠岡ベイファームマラソン | トップページ | 口内炎が・・ »

2018年2月 6日 (火)

(三浦しをん著)を読了。

 図書館で本を選ぶ時間がなく、文庫本の粗筋を読み「まあ、これでも」と思って借りた本。

三浦さんの作品は少し読んだことがあり、好印象だったのも、選んだ理由にある。

 で、ストーリー的に、読むのが(悲劇的な気がするので)しんどいかなあとしばらく放置していたら、「予約があるので期限までに必ず返却」とあった。いや、期限までに返却するのは当然だが、延長できなくなったということ。

 意を決して読み始め、興味が持てなければすぐ返却すればいい、と思ったのだが・・・・。

 もう続きが気になって一気に読んでしまった。読みながら登場人物の関係(憧れの女性をかげながら、犯罪を犯しても守る男性)で東野圭吾の『白夜行』を思い出してしまった。(もちろん内容は大きく違うけど)

 三浦さんのほのぼの路線ではないハードな感じ。どうしようもなさがよく伝わる作品だった。

 昨日は休養。今日は12kmをキロ6分10秒。とにかく寒すぎる。

|

« 第21回笠岡ベイファームマラソン | トップページ | 口内炎が・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 第21回笠岡ベイファームマラソン | トップページ | 口内炎が・・ »