« 休みなのに | トップページ | 大晦日 »

2017年12月30日 (土)

武士の紋章

(池波正太郎著)を読了。どれもすごい話なのだが、今回印象に残ったのは「牧野富太郎」の話である。植物に興味はないが、名前だけは知っていた。てっきり、帝大を出て植物学の権威となった人・・かと思いきや小学校しか出ていない。しかも、それ以前にすべて勉強していたという。その中でもとりわけ植物に私から見れば異常に興味を示し、金銭に頓着なく研究する。その成果を本にして海外から絶大なる評価を受ける。

 しかし、そういう中で、学閥というか正規の東大教授の嫉妬をうけてひどい目に合う。いやー、いつの世にもつまらぬ権威とか形式にこだわる人がいるものだ。まったくわからん。ああ、「つまらぬ」と書いたが、これに個人差があるんだろうなあ。

 昨日の病は1日で治った。一体何だったんだ?とはいうものの、本日は用事があって走れん上に食べ過ぎて苦しい。

|

« 休みなのに | トップページ | 大晦日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武士の紋章:

« 休みなのに | トップページ | 大晦日 »