« 実家に行ったら・・ | トップページ | 財布落としたことありますか? »

2017年12月 7日 (木)

蠅の王

(ウィリアム・ゴールディング著)を読了。

 何かの書評か何かで取り上げられていて、気になって図書館で借りて読んでみたのだが、その時は挫折した。

 で、今回台湾旅行に持って行き、「まあ、読んでいるうちに眠くなるだろう」って読みだしたのだが、途中から滅法面白くなり(面白いと言っても笑える面白さではなく、『どうなるんだこれは?』という面白さ)、とても「眠くなる」感じではなく「あー明日に差し支えるので今日はここまで」という感じで読んでいった。

 何人か取り上げているが、正直読む人によっては「なにやってんだ!」と胸糞悪くなる小説である。漂流した少年たちが、助け合って生きていく・・・のではなく、争い合ってしまうという・・。

 まあ、言わなくてもいいが、大人になっても、助け合った方が良いのにそうならないケースは多々ある。国家同士もそうである。

 映画化もされていて、どの評も「後味悪い」と書いてある。それなのにリメイクされでもいる。そうそう、読みながら漫画『ドラゴンヘッド』はこれに影響を受けてたんだなあ、というのもわかった(多分)。ということで、やはり興味深い作品である。

 ちなみに「蠅の王」とは悪魔ベールゼブブの別名、ということである。

 昨日、今日と11km。キロ5分55秒と6分15秒。左足膝内側が痛い。ヤバい。

 実話、今日結構な事件があったのだが、それについては明日以降書く。

 

 といいながら、書いてしまうが財布を落としたのだ(失くしたのだ)!ヒー!それに対する善後策については次回に続く・・。

|

« 実家に行ったら・・ | トップページ | 財布落としたことありますか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蠅の王:

« 実家に行ったら・・ | トップページ | 財布落としたことありますか? »