« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

大晦日

 昨日今日と食い過ぎて苦しい。

ということで走る。18km。キロ6分45秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

武士の紋章

(池波正太郎著)を読了。どれもすごい話なのだが、今回印象に残ったのは「牧野富太郎」の話である。植物に興味はないが、名前だけは知っていた。てっきり、帝大を出て植物学の権威となった人・・かと思いきや小学校しか出ていない。しかも、それ以前にすべて勉強していたという。その中でもとりわけ植物に私から見れば異常に興味を示し、金銭に頓着なく研究する。その成果を本にして海外から絶大なる評価を受ける。

 しかし、そういう中で、学閥というか正規の東大教授の嫉妬をうけてひどい目に合う。いやー、いつの世にもつまらぬ権威とか形式にこだわる人がいるものだ。まったくわからん。ああ、「つまらぬ」と書いたが、これに個人差があるんだろうなあ。

 昨日の病は1日で治った。一体何だったんだ?とはいうものの、本日は用事があって走れん上に食べ過ぎて苦しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

休みなのに

 一昨日、昨日と15~16kmを走る。7分20秒くらい。

 んで、今日も走ろうと思いきや・・・。

 昨日から左顔面頬の下辺りに痛みがあった。「なんだ?口内炎のせい?」「ニキビでもできるのか?」というぐらいのピンポイントの痛さ。まあ、たいしたことないなー、と思ってたら、今朝起きてみたら、

 「左顔面、特に左耳下が辺りが痛い・・。」誰かに夜中殴られたか?と思うような痛さ。それから朝食を食べたのだが、顎を動かすというか歯で噛むたびに痛みが増す。尋常ではない。

「イテテテテテ」

 ネットで調べると「耳下腺炎」に当てはまる症状。そうでなければ、大人がかかるとえらいことになる「おたふく風邪」の症状である。「おたふく」は子どもの頃なったと思うので違うと思うが。

 ちょうど保健師をしている娘2号から帰省の連絡があったので、症状を話して、「まあ、元気じゃけえこれから走ろうと思う。酷くなったら止めればいいし。」とか送ったら。「酷くなる前に止めるべし。予防が大切。走るくらいなら病院に。」と言われてしまった。いやーもっともなアドバイスである。

 で、素直に医者に行き午前中つぶれた。血液検査の結果、特にウィルス的なものも入ってないようなので、薬として抗生物質も出されなかった。安静にということと「食事をすると痛いですよ。」と言われてしまった。

 まじか?と思いつつ、昼食を食べたのだが、これが痛い痛い。ゆっくり噛んでも痛い。汁物ならなんとかいけそうだった。(結局袋麺食べた)

 他は熱もなくまったく元気なのだが・・。と思ってたら、左耳下から首筋にかけて痛みが出てきて、首を曲げるのに勇気がいることになった。嫌だなあ。

 とりあえず体動かしてないので腹もそんなに減ってない。晩飯はガーナチョコをしゃぶるとしよう。

 それにしても、年末年始、いくら好きでもガーナチョコだけで過ごすのもなあ・・。早く治らんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

jmmy

(原作 明石家さんま)を一気に読了。面白かった。

 ジミー大西の話である。この本の中のエピソードをいつか(多分『ガキの使い』の24時間インタービューだったか)ジミー大西本人が喋っていた。

 話を盛るような嘘をつけなさそうなので、そのエピソードも多分本当のことだろう。してみると、この本に書かれた「マジか!?」という話も本当かもしれない。ネタバレになるけど、個展を開くために書いた絵がダメになって・・・の話もよくできている。

 滅茶苦茶さんまさんがかっこよくていい人に描かれている。というかこれも実際そうなのかも。ある意味、ジミー大西の話のようでさんまさんのいいひとエピソードにもなっている。

 昨日15kmをキロ6分22秒。今日は休養というか遅くなって走れず。空気が冷たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

ブースト

 この前の防府はこの前購入したアディゼロボストンで走った。ベイマラソンはいつもの本番用のアシックスのターサーだった。

 アディゼロを練習用で履いていたのだが、「まあ、履き慣れたし本番でも試してみるか・。」という理由。ターサーが悪かったわけではない。

 で、走ったのだが、これが特に良くもなく悪くもなく・・・。というか毎度のことながら比較のしようがない。例のサプリメントと一緒で飲んだ場合、飲まない場合が検証できない。

 練習用で履いているので足にまったくトラブルはない。さりとて、「おお!さすがブースト!30km過ぎても足がモつモつ!」ということもなかった。30km過ぎたら「しんどー、前半飛ばし過ぎたあ。」って思ってた。

 いや、ターサーだったらもっと足が死んでいたかもしれない・・というのは仮定の話で、逆にターサーだったらもっと足が持ったかもしれない。まったくわからんのである。

 ただ、価格に比べれば、つまりコストパフォーマンス的にはアディダスがいいみたい。

 ということで、こんどはアディゼロジャパンをアマゾーンでクリックしてしまった。

 昨日は18kmをキロ7分39秒。今日は16kmをキロ7分29秒。どっちも疲れた。疲労回復してない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

スターウォーズ 最後のジェダイ

 を鑑賞。以下ネタバレありの感想。

 2時間半の長さだが、「ええ!?」っていう場面はあるが退屈する場面はなかった。「あ、ここらへんで終わって、エピソード9につながるのか・・。」と思ったところでもストーリーは続いてく。

 エピソード6(ジェダイの帰還)でも感じたのだが、帝国のボス(前は皇帝シディアス、今回は最高指導者のスノーク)が弱すぎる。今回もあっという間にやられてしまった。あまりのあっけなさに「これって影武者でどこかに本体があるのでは?」とかラストの辺りでルークが「幻」となって戦ったので「こりゃスノークもそうなのか?」「いや、ちゃんと切られてたな」とか思ってしまった。

 それと、宇宙空間に放り出されたレイアが死んだと思いきや、そんなことでもとに戻るとは・・さすがフォースの力である。

 エピソード7(フォースの覚醒)で書いたかもしれないが、健康なレンがマスクをかぶってるのはおかしいだろうって思ってたら、やっぱスノークもそう思っていたらしく「そのふざけたマスクを・・」って言ってたな。

 フィンが捕まり牢屋に入ったら、パスワードを解除できるハッカー的な人物にあっさり出会うご都合主義もご愛嬌か。

 まあ、いろいろツッコミどころはあるのだが、ストーリー自体は先にも書いたように飽きさせない展開だったと思う。エピソード9はレンが帝国の指導者として共和国と戦うのだろうか・・。

 今週は体を休める感じ。火に5km、今日は7kmをキロ7分20秒くらいで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

第48回防府読売マラソン その2

 感覚ではハーフを過ぎてからセーブしたつもりだったが、タイム的には25kmまでは維持していて、それから40kmまでガタガタにペースが落ちる。キロ5分20~30秒台に。

 おっと、何kmか忘れたがトップで川内選手が折り返してきた。センターライン側によってしっかり見ようとする。

 んで、それからしばらく走ったら、折り返して帰ってきたランナー(10番台くらい?)がフラフラになって転げたところを目撃。並走していたランナーが走路員に「倒れた!倒れた!」って声かけたので、私も思わず「倒れたよ!」と声をかける。

 30kmの折り返しでちょっと走ると、なんと収容車が最後尾のランナーのあとをつけていた。3~4kmぐらいの差だろうか。これを見たら「もし、何かアクシデントがあったら、俺も初収容車に・・」と思い始める。

 35km過ぎからは、必死ではしたっつもりなのに、先に書いたようにペースはダウン。ラスト2kmになり、とにかく最後の力を振り絞って走り、41kmが5分10秒くらいで、42kmが4分50秒台。スタート地点から遠かったため、100mぐらいは余分に走る感じ。42.3kmだ。

 まあ、何とか制限時間内にゴールしたものの、このペースで遅くなっていけば(一昨年から毎年10分近くのダウン)、後1回か2回しか防府に出れないことになる。防府読売はレースのために泊りや早起きする必要がないレースなので、もう少し参加したいのだが・・。

 もう、制限時間3時間30分のレースに出ることができない。あーあ、ちょっと2~3年以上前なら余裕だったんだけどなあ。ランニング生活も確実に「衰退期」に突入した。私はプロでも何でもないのだから、勝手に止めればいいのだが、「衰退」していくことについて、自分なりにどう取り組んでいくか、も一つの在り方かな、と思っているところである。

 川内選手が福岡マラソンにょり2kg体重を絞ったという記事を読んだ。台湾でガツガツ食ってベスト体重より1~1.5kgも太ってレースに突入した俺、反省した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

第48回防府読売マラソン その1

 に参加。いやとにかく寒かった。ということで長袖の上にランシャツ。タイツの上にランパンで走る。ここ数年はベイマラソンのタイムから1~3分速いタイムというのが定番。

 今回もほとんど時計を見ずに走ったのだが、ベイマラソンがキロ5分13秒くらいだったし、練習タイムから考えて、「まあ5分10秒くらいかなあ」と思ってたら、なんと41kmの地点でキロ5分11秒。いつものようにラストスパートして1秒縮めて予想通りのキロ5分10秒となった。あー、5分を切れなくなってきてる。昨年より10分近く遅い。ネットとグロスで50秒くらい違う。

 今回、説明書に書いてたのにもかかわらず、いつもの駐車場が工事中で使えなかった。よく読んどけってことだ。

 前日、眠かったが念のために睡眠導入剤ネオディを1錠飲んでほぼ熟睡。到着しても眠くて車でしばらく寝たり、トイレで並んだり(ここのトイレはウオシュレットなので良い)してのんびりしてたらほとんどアップもできずにスタート地点へ。

 「まあ、5kmまではアップと思って走ろう。」と考えて走る。呼吸がしんどかったが、タイムを見たら5分0ン秒のタイム。(タイムはすべて後で確認)

 そっから楽に走れて10kmまでは5分を切るタイム。15kmまでは楽な感じで走れたのだが・・。

 ハーフを過ぎてからは「やっばー、しんどー。この調子では完走できないかもしれない」と思い始める。「とにかく、もうタイムはいいから『完走』を目標に走ろう。」と自重しながら走った。(ここで5分10秒台に)。

 おっと食事をしなければ。今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

なぜ続かないのか

 ランニングは継続しているが、それ以外のストレッチ的なものが全く継続できない。

 そんな難しいものではなく、最近では「足首を右回り左回りで10回ずつ、風呂上りに」というもの。わりと続けていたのだが、いつの間にか止めてしまい、気が付いたらするっていうことになり、習慣化されていない。

 さらにちょっと前では、机仕事(デスクワークか)で左右の太ももをピチッとくっつけること。これも聞いた当時は意識してやっていたのだが、後にグダグダに。(今はくっつけてこのブログを書いている)

 足を組む癖はほぼ完全に止めている。止めることはできるが、何かをしようとすることは難しいようだ。

 「簡単にできる○○」○○にはダイエットが定番だが、最近では「柔軟」や「体幹」が入るかもしれない。

 水に10kmをやっとこさキロ4分50秒。これでレース前の練習は終了。明日は参加した防府マラソン中、最も寒そうである。過去の練習日誌を見ていたら、4年前でこのレース前10kmをキロ4分18秒で走ってた。たった4年でこんなに落ち込むとはなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

リカバリー

 紛失したのはしょうがないとしても、打てる手は打っておこうと思い、まず警察に電話。

 万が一、届けられてるかもしれないと思い電話したが、届けなし。ただ電話で紛失届をすませれば、カードが不正使用されても、一応は何とかなるらしい(多分、ということだった)。

 次に、カード会社に電話。紛失したことを伝えることで、失くしたカードは使用できなくし、新たなカードが届くようにした。書留で届くのでちと面倒。

 次に実はこんなことになってなかったら車のオイル交換をする予定だったので、そのまま予定通り行動する。但し、Jムスカードも紛失したので、再発行。ポイントは移行できた。

 で、いつものスーパーの買い物カードも紛失したことを伝え100円で再発行。これも入金が引き継がれた。

 んで、明日職場に行って保険証の紛失と再発行を申し込むことで、一段落かな・・と思いその日は、終わった。

 次の日、職場に行ってみると、なんと財布が机の下に落ちてるではないか!

 いや、ただ落ちてるのではなく、その上に屋内シューズを入れた袋も落ちていた。どうやら、鞄に入れていただが、別なものを取り出すときにポロっと落ちて、さらにその上に物が乗っかったことで気付かずに帰ったらしい・・。

 まあ、お金も戻ってきたので、ないよりはあった方がよかったので不幸中の幸いというかなんというかかんというか・・。財布やカードを無くした時の予行演習となってしまった。

 それにしても、財布を落としたことのある人ってどれくらいいるんだろう?娘の職場には3回も落とした人がいるそうな。若い人の中にはズボンのケツポケットからはみ出てるやつもいるのだが、よく盗られないなあ。

 昨日は休養。今日は寒かったが9km。キロ5分47秒。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

財布落としたことありますか?

 そう、木曜のことである。その日は地域の粗大ごみ収集日。自治会役員として朝6時前より収集場所に行く。

 地域の皆さんが車で粗大ごみを持ってくるわけだが、それを取りに行き運んだりしてた。仕事に行かねばならない時間が迫ってきたので、途中抜けて職場に。

 仕事は早めに終わった。途中寄るところがあり、財布を出そうとしたがない・・。職場ではズボンではなく鞄に入れているが、その鞄にない・・。

 「?多分家に忘れた?持ってきたつもりだったんだけどなー。」と一抹の不安を抱えつつ、そうはいっても家にあるだろうと楽観して帰宅。ところが、いつも財布を置いてあるところにない・・。

 「確かに、ここに置いていた財布をズボンに入れてごみ収集に行ったんだっけ・・。」「てことは、あの時に落とした!?」「暗くてわからんかったし、そうかもしれん・・」「もし落ちて拾われていたら、自治会の役員の人が『これ、○○さんのじゃ。』とわかるはず。カードや保険証もあるので」「しかし、いまだ電話もないところを見ると(役員も)拾ってないのでは?」

「ということは粗大ごみと一緒に収集された!?」

と、考えたが念のために収集場所に行くが、当然ない。

 この時点で、かなり焦ってしまった。お金はともかく、クレジットカードや個人的なお金(つまり家のお金ではなく、私の小遣い)を預けている銀行のキャッシュカード等があるのだ。

 「やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやば」  

 「まてまてまてまてまてまて、職場っていう可能性も捨てきれんぞ」「いや職場なら拾われていたら連絡があるはず」「いまだ連絡がないってことは職場で拾われていることもない」「その前に、カードを不正使用されているかどうか、メールでチェックせねば」「おお、幸いに不正使用はされとらん。」

 とここまで家に帰って30分ぐらいのことである。しばし落ち着きを取り戻した。放置プレイも考えたが、根本的な解決にならないと思い、とにかく最悪の事態を想定して対策をとることにした。(続く・・・)

 そんなこともあったのに木には11kmの6分14秒。金は仕事も遅かったし休養。昨日は15kmのペース走。キロ4分57秒+前後1kmのジョグ。週末防府だけどこの感じではキロ5分10秒くらいのペースかもしれない。例年ベイマラソンよりも少し早いだけなのだ。今日は15kmをキロ5分25秒。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

蠅の王

(ウィリアム・ゴールディング著)を読了。

 何かの書評か何かで取り上げられていて、気になって図書館で借りて読んでみたのだが、その時は挫折した。

 で、今回台湾旅行に持って行き、「まあ、読んでいるうちに眠くなるだろう」って読みだしたのだが、途中から滅法面白くなり(面白いと言っても笑える面白さではなく、『どうなるんだこれは?』という面白さ)、とても「眠くなる」感じではなく「あー明日に差し支えるので今日はここまで」という感じで読んでいった。

 何人か取り上げているが、正直読む人によっては「なにやってんだ!」と胸糞悪くなる小説である。漂流した少年たちが、助け合って生きていく・・・のではなく、争い合ってしまうという・・。

 まあ、言わなくてもいいが、大人になっても、助け合った方が良いのにそうならないケースは多々ある。国家同士もそうである。

 映画化もされていて、どの評も「後味悪い」と書いてある。それなのにリメイクされでもいる。そうそう、読みながら漫画『ドラゴンヘッド』はこれに影響を受けてたんだなあ、というのもわかった(多分)。ということで、やはり興味深い作品である。

 ちなみに「蠅の王」とは悪魔ベールゼブブの別名、ということである。

 昨日、今日と11km。キロ5分55秒と6分15秒。左足膝内側が痛い。ヤバい。

 実話、今日結構な事件があったのだが、それについては明日以降書く。

 

 といいながら、書いてしまうが財布を落としたのだ(失くしたのだ)!ヒー!それに対する善後策については次回に続く・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

実家に行ったら・・

 小学生で使っていた色鉛筆が出てきた。お袋が何か線を引くときに使ってると言っている。

これ↓

Photo


 懐かしい。隠しているところは名前を書いているから。機体には○○(苗字)号と書いてある。さらに、先端を怪獣の口のように書いてある。センスのかけらもない・・・。

 今日は20kmをキロ5分18秒で。5分15秒くらいで走りたかったのだが無理だった。ラスト2kmで失速。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

台湾

 に4日間行ってたため走らず。食べ過ぎた~。

ということで久々に今日走る。11kmのキロ6分20秒。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »