« ニューカレドニア こぼれ話(2) | トップページ | 白竜湖トレイル 試走 »

2017年9月 9日 (土)

白竜湖トレイルランニング

 に第1回大会以来、久々に出場する。そのため、先週は1年以上使用していないトレランシューズを確かめるべく試走に出かけた。

 舗装道路を走り山道に。「こっから、登ったよなー。」という入り口が笹だらけ。

 「あれ?刈ってないの?これから刈るのかな?それとも、このまま残して、『これもトレイルだ』ってこと?」と思いながら走る。

 んで、山を越えてまたまた舗装道路に出たのだが・・明らかにコースを間違えたようである。一応コース図は見たものの、「まあなんとかなるでしょ」的に走っていたからだ。しかし7トレランシューズに問題がなかったので、まあええか、とも思ったが、とりあえずは、ご老人がいたので聞いてみた。

 すると、ご老人が「あんたー、走るのに出るんか。わしの息子が、何か、草刈したとかようたで。」と言われ、「息子に聞いてみちゃる」と言われた。「いや、そんなお手間をとらせては。」と断ったのだが、親切にも息子さんに言ってくれ、息子さんが「ちょっと待って」と言って出てきた。

 走る格好をしていた。なんと、地元の走友会の人だった。

 んで、この人にコースを案内してもらったのだが、出発から違っていたことが判明。今年は違うところから山に入るのだ。だから笹だらけだったのだ。

 息子さんと言っても私より若干年上。2時間以上つきあってくれて申し訳なかった。そうそう走っていたら、他にも試走していた5~6人ぐらいのグループに出会った。

 昨日は10km、キロ7分02秒。本日キロ6分を意識して20km。キロ5分56秒。

|

« ニューカレドニア こぼれ話(2) | トップページ | 白竜湖トレイル 試走 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/65770607

この記事へのトラックバック一覧です: 白竜湖トレイルランニング:

« ニューカレドニア こぼれ話(2) | トップページ | 白竜湖トレイル 試走 »