« 第12回よしか・夢・花・マラソン | トップページ | キャリア変更 »

2017年5月 6日 (土)

トヨトミの野望

(梶山三郎著)を読了。

 GWのためにとっておいたのだが、あっという間に読んでしまった。「トヨトミ」とは我が国の、いや世界の自動車メーカーがモデル。自動車にまったく疎い私でも「実録企業小説」として面白く読める。

 ネットで調べるとほぼモデルが特定される。たまたま今日週刊誌を立ち読みしたら、その自動車メーカーの人事について「異例」「社長のお友達取締役」的な記事があった。『トヨトミの野望』からいえば、記者は出入り禁止になるのか、とか広告引き上げとか心配する。

 それにしても、自動車メーカーはどうなるんだろう。環境に配慮するようになると電気(電池)自動車か水素自動車か・・。ガソリン車は仮にハイブリッドでも生き残れるかどうか。ただのガソリン車には「環境税」とかかかりそう。さらに自動運転が実用化されると、その基準によって任意保険料も変わってきそうな・・。

 それにしてもこの本、昨年の出版なんだけど宣伝されたのかなあ。

 今日は20kmをゆっくり。キロ7分09秒。しんどかった。

|

« 第12回よしか・夢・花・マラソン | トップページ | キャリア変更 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/65244622

この記事へのトラックバック一覧です: トヨトミの野望:

« 第12回よしか・夢・花・マラソン | トップページ | キャリア変更 »