« はぐれ猿は熱帯林の夢を見るか | トップページ | 調整中 »

2017年3月 7日 (火)

時雨みち

(藤沢周平著)を読了。 藤沢周平は良い。

 全編傑作だが、特に、好みにもよるともうのだが『亭主の仲間』が・・印象に残る・・というか怖い話である。不条理なようで現代にも通じる恐怖。

 今日は9kmをキロ5分13秒。7,8kmを5分弱で走る。レース前の調整。

|

« はぐれ猿は熱帯林の夢を見るか | トップページ | 調整中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/64984396

この記事へのトラックバック一覧です: 時雨みち:

« はぐれ猿は熱帯林の夢を見るか | トップページ | 調整中 »