« 臭気爆弾 | トップページ | 格安スマホ »

2017年3月19日 (日)

探さないでください

(中川学著)を一気に読了。

 実に面白かった。吾妻ひでおの『失踪日記』と同じくらい。身につまされる。著者がドアノブで自殺しようとしたところなど、「実際、そんなものかも」と思ってしまった。不気味な「モノ」が著者を責めるところなども、もしかして心を病んでいく人にはこういう「モノ」も感じられてしまうのかも、と思う。

 また、後書きにも著者本人が書いていたが家族を含めて周囲が実にやさしい。著者自身も分析しているように、「人に嫌われたくない」→「そのためにはきちんとやらなくては」→「できてない」→「合わせる顔がない」→「失踪」、である。ということは、きちんとできていない人は「嫌われても仕方がない」」という厳しい(人によっては当たり前の)意見を著者は持っていた・・ということのようである。

 著者の他の作品も読んでみたくなった。

 昨日は休養。今日は20km。ラスト4kmまで6分04秒だったが、帳尻合わせでキロ6分。

|

« 臭気爆弾 | トップページ | 格安スマホ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/65036699

この記事へのトラックバック一覧です: 探さないでください:

« 臭気爆弾 | トップページ | 格安スマホ »