« ヴァラエティ | トップページ | 浜村温泉 »

2017年3月13日 (月)

鳥取マラソン 2017

に出場。昨日のことである。現在のコースになって3年連続。過去最高の出場者数だったらしい。そのため、例年と同じ時間にホテルを出たのだが、第1駐車場は一杯で、道路向かいの第2駐車場もギリギリだった。

 この大会、スタートゴールが違うので若干不便だが、それを感じさせないくらいのスムーズな運営である。まず、ランナーにとって重大問題はトイレ(大)だ。個人的にもこの問題には苦労している。毎度のことながら、快適な環境であるホテルで出し切れればいいのだが、ほぼ出ない・・。

 おっと、俺のトイレ(大)事情は置いといて、この大会、仮設トイレに案内する人がいて、トイレの数も充分なんだろうけど、案内する人がいることで、ほぼ不公平感なくスムーズに列が進んでいく。仮設でも「大」と「小」が分かれているのも大きい。

 今回、スタート時には3時間30分の所に並んだ。ドローンで撮影するそうで、飛んでいる生ドローンをはじめて見た。15分前から集合で、若干のセレモニーがありスタート。スタート地点まで例によってのったりくったり。30秒近くかかったか・・。最初の1kmが6分越えであった。(結果的にこれが大きかった。ちなみに、表示距離とガーミンとの比較で余分な距離は130~160mぐらいだった)

 最初の6kmぐらいまでは、だるくてだるくて「ほんま、大丈夫か?」と思いながら走る。それからは、割と体も軽く感じられ、黙々と走る。ハーフくらいまではとにかく「余力を残して」と思いながら走るが、1時間46分少々となり「イーブンでも3時間30分越えかあ」と思い、30分切りはどれだけペースアップできるかにかかっていることになる。

 ハーフ以降は「いける」「だるい」ということを繰り返す。30km前後が結構しんどかった。30km過ぎると、「よーしここからだ」と考え、本当にここから、ペースを落ち込ませないように意識して走ることになった。35km過ぎからは、残りが数kmとなったため、ペースアップを意識して走る。37,8kmの坂を乗り越え、必死で走った。39km以降は4分50秒弱。ラスト1kmは4分39秒で最も早かった。

 結果的にグロスで3時間30分越え、ネットでは30分切りとなった。

 「もしかして、鳥取マラソン新コースで一番良かった?」と思ったのだが、帰ってみてみたら昨年の方が12秒くらい早かった・・・。参加人数が多かったからスタートで手間取ったのか・・。うーん、現状維持である。

 それはそれとして、実はランニングフォームを変えて走ったのだが、その影響についてはまた後日・・。

 今日は4kmのウォーキング。

|

« ヴァラエティ | トップページ | 浜村温泉 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/65011168

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取マラソン 2017:

« ヴァラエティ | トップページ | 浜村温泉 »