« ライフ・イズ・ビューティフル | トップページ | 週末 »

2017年1月29日 (日)

漫画に愛を叫んだ男たち

(長谷邦夫著)を読了。著者は長らく赤塚不二夫のブレーンをつとめていた。著者自身も漫画家。ゴーストも担当していた。赤塚不二夫の漫画でアイデアを出すのに、赤塚・長谷・古谷(「ダメおやじ」の作者)の3人で考えてたようだ。

 トキワ荘時代、まだ市民権を得ていない漫画に情熱を燃やす人々。そして、そこから売れっ子漫画家となり、青春時代だったトキワ荘時代とは違うしがらみなり、大人の事情なりが出てきて・・。

 最後にもはやアルコ―ル中毒で、マンガ家としてはどうにもならなくなった赤塚不二夫の元を去る著者。若い頃はあれほど赤塚不二夫と一緒だったのに。このアル中になった赤塚さんは『編集王』のマンボ好塚なのかもしれない。(マンボが暴力をふるうのは梶原一騎も入っているけど)

 著者の他の作品をアマゾンの「立ち読み」で読んだけど、漫画に燃えていた赤塚さんのことが好きだったんだろうなあ・・と感じる。

 藤子不二雄も別れることになるけど、どうだったんだろうなあ。若い頃仲が良かった人たちが各々道を別な道をいく話にどうも弱い。

 今日はアップダウンのあるコースを120分。23.3km。キロ5分23秒。ラスト1kmで4分33秒。

|

« ライフ・イズ・ビューティフル | トップページ | 週末 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/64825594

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画に愛を叫んだ男たち:

« ライフ・イズ・ビューティフル | トップページ | 週末 »