« 第47回防府読売マラソン | トップページ | タモリと戦後ニッポン »

2016年12月20日 (火)

ダニエルズ式トレーニング

 ベイマラソン以降、防府まで約1か月だったが、今までの練習方法ではどうもうまくいかないいと考えた。

 で、ネットで検索してたどり着いたのが『ダニエルズ式トレーニング』。

 目標タイムを設定すると、大雑把な練習方法が出てくる。本当は、書籍になっているのでそちらをきちんと読んで行えばいいのだけど、そんなゆとりはなく(というより、購入してまで、というケチぃ考えからなんだけど)、この自分なりの大雑把な感覚で1か月取り組むことにした。

http://runsmartproject.com/calculator/

 このサイトに、kmに直して目標タイムを打ち込むのである。決して怪しいサイトではない(と思う)。

 私の場合、3時間30分切りが目標だったので、打ち込んでみたらこんなことになった。

E(イージー)がキロ5分31~51秒。週の総走行距離の50%

M(マラソンレースペース)が4分59秒。20%。私の場合15kmのペース走。

T(スレッショルドペース。LT値が関係している)が4分35秒。10%で一度に最低6km以上これはMと同じ週にやらない方がいい、って何かで見たのでレース直前の週で実施。

I(インターバル)が4分13秒。8%。間は走った時間分の休息(ジョグ)。私の場合1km×6本。

R(レペティション)が3分58秒。休息6分。5%。私の場合400m×9本。

 これを目安に2週間くらい取り組んだ。これが結構きついのである。特に「イージー」って今までなら「LSDでキロ7分台か」と思っていたので、キロ5分台後半はきつかった。「イージー」とは感じなかった。

 きちんと本を読んで取り組んでもいいかもしれない。

(参考サイト)http://rungaku.com/daniel-easy/(第1~3回まで順にあります)

 防府の5km毎の記録がネットに出た。前半より後半が1分近く遅く、ほぼイーブン。最初の混雑のロスと後半の落ち込みが同じくらいな感じ。

|

« 第47回防府読売マラソン | トップページ | タモリと戦後ニッポン »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/64650884

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエルズ式トレーニング:

« 第47回防府読売マラソン | トップページ | タモリと戦後ニッポン »