« レース前あるある~ | トップページ | ダニエルズ式トレーニング »

2016年12月18日 (日)

第47回防府読売マラソン

 に参加。シーズンの本命レース。

 結果からいうと、防府ワーストの昨年よりさらに8分ほど遅かったが、何とか3時間30分は切ることができた。今シーズンの各大会のタイムから考えると、まあ、3.5を切れてよかった、ということと、今後のフルマラソンのタイムにかつてのタイムは無理だが「30分切り」という目標が持てたかもしれない。

 風邪気味のせいで、わりかし私にしてはぐっすり眠れて、なおかつトイレ的なことも家で出すことができ、さらにベイマラソンの反省からガス欠にならないために前の晩からしっかりご飯を食べた。体重も可もなく不可もなく。身体的な条件はまずまず。

 天気も良く、気温もこの時期にしては暖かく(昨年はもっと暖かったが)、風もなく絶好のコンディション。(走ってみると汗をかいて若干冷えた)

 例によって1時間前まではゆっくり休んで、そこからゼッケン付けたり軽くストレッチ。競技場のコースを2周ほど走る。800mか。1周目はキロ5分。2周目が5分30秒くらい。

 後は体力温存で座ってたが、スタート20分前から並ぶ。スタート間際になって川内選手が登場。スタート地点に着くまでに走りながら両手を上げて、ランナーにアピール。面白くて笑ってしまった。

 今回も、時計を見ると焦るので、体感で走ることにする。で、スタート地点まで150mぐらいあったみたい。(後からガーミンコネクトで見てみると42.45km走っていた。)

 すべてタイムは後で確認したものだが、最初の1kmが5分27秒。あとは10kmぐらいまでは4分40秒台から50秒台で推移。10kmからは20kmでは50秒台や時に5分を超えるタイムを記録。最も遅かったのは16kmの5分03秒)

 そこから22kmで5分03秒、34kmで5分01秒、35kmで最も遅い5分09秒となる、他は何とか4分50秒台後半で推移する。

 30kmで折り返した時には、時計のタイムが見えて、「げー、ここから最低でもキロ5分弱で行かないと3時間30分は切れない」と計算する。でふんばったのだが、そのツケが34,35kmで出たのだろう。このままずるずるいくのかと思いきや、何とか踏ん張りながら走ったのだが、40kmでまたまた5分03秒。

 そこで!

 20km後半から「多分3時間30分ペースで走ってるんだろうなあ」と思われる男女のペア、おそらく男性が女性ランナーに3時間30分を切らせるためにペースを作っていた、このペアとしばらく一緒に走っていたのだが、その後私の方が先に行ったのだが、このペアに40km付近で追いつかれた。

 で、男性ランナーから「もう少しです。頑張りましょう!」と声をかけられた。しばらく一緒に走っていたのを憶えてくれたのかもしれない。

 「ええ」と返事をしてそのカップルについていく。これがなかなかいいペースなのだ。結果的に41、42kmはキロ4分45秒だった。最終的に、このカップルより先にゴールして3時間30分が切れた(このペアも3時間30分は切った)。男性ランナーと握手をして「久々に3時間30分をきることができました。」とお礼を言った。実際、40kmからのペースダウンを考えるとズルズルいく可能性もあったのである。精神力ってある程度は影響するなあ。

 さて、これで今シーズンのメインレースは終了したが、例によって23日に加古川のフルマラソンがある。中4日。うーん、去年のタイムとの相関性からいうと3時間45分くらいかなあ。

 

|

« レース前あるある~ | トップページ | ダニエルズ式トレーニング »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/64642542

この記事へのトラックバック一覧です: 第47回防府読売マラソン:

« レース前あるある~ | トップページ | ダニエルズ式トレーニング »