« 30km走 | トップページ | 富士山頂 »

2016年11月29日 (火)

バンクーバーの朝日

 を見た。カナダへ移民した日本人たちの野球チームの話。とはいっても選手で活躍しているのは日系カナダ人である。二重国籍として日本国籍の持っているのかは不明である。

 一世たちとの葛藤やカナダ人なのに「日本人」として差別されている状況など、日本に来ている移民たちにも通じる悩みを過去の日本人も持っていたことがわかる。

 というより、「移民」というものの多くに当てはまることなのかもしれない。

 さて、主人公のレジーの父親を佐藤浩市が演じているのだが、しゃべっている日本語が広島弁と思われる。調べたら、戦前の海外移民で都道府県別で広島県人の移民が一番多い。

 移民に行くとなると現状への不満、貧しさ、ということになるのだが、当時の広島県人は貧しかったのと外へ出ていく勇気を持ち合わせていたのかもしれない。

 実話1本無料券があったので『オリバー』なるミュージック映画もレンタルしてみた。これについては後日・・。

 昨日は400mを1分35秒前後で9本。早いのは1分30秒少々。遅いのは1分40秒。間は6分の歩きや休憩。前後で1kmのジョグ。

 今日は1kmを6本のインターバル。間は4分少々の歩きに近いジョグ。1kmのいいコースがなくて、往路は降り傾向、つまり復路は登り傾向となる。4分05秒、24秒、02秒、18秒、00秒、20秒である。平均すると4分10秒少々か。

|

« 30km走 | トップページ | 富士山頂 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/64560401

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーの朝日:

« 30km走 | トップページ | 富士山頂 »