« 芙蓉の人 | トップページ | レース後 »

2016年11月20日 (日)

第26回広島ベイマラソン

 に参加。4週連続マラソン大会の最終。10km、20km、25km、そしてフルマラソンの42.195km。

 結果は実質ワーストとなった。実質と書いたのは初めてベイマラソンに参加したときは丹後100kmウルトラマラソンの故障で3時間40分越えがあったのだが、これがワースト。

 何とか3時間40分は切れたのだが・・。久々に後半落ち込んだレースとなった。

 天気はちょっと暖かいなって感じ。湿気が多いか・・。最近のレースの結果から「3時間30分、キロ5分ペースか・・」と思い、キロ5分弱を目指して走る。「30kmまでは死んだふり」とばかりに走り出したのだが、15kmまで予定通りキロ5分弱で走る。心拍数も150台。

 ところが!この15kmぐらいから「これはヤバい・・。足が固まり始めた。ついでにガス欠。大丈夫かこのペースで?」と思いながら走る。汗も序盤になんか暑かった与那国島マラソンよりもかいた気がする。「30km死んだふり」どころではなく、「30kmで死んだ」ということになりそうである。

 大丈夫かこのペースで?っていいながら、徐々にペースダウン。5分を超えるようになる。とにかく30kmまでは粘らなければ・・ということと、15kmすぎから必ずバナナ1つをとるようににする。先週の与那国で食べ過ぎてお腹がおかしかったので「控えめでもいいかな」と思ったのだ。体重が軽い方がいいし、って思ったのだがこれが裏目。完璧にガス欠。

 それよりもまだ15km過ぎなのに足の方がガチガチになり「最近、こんなペースで長い距離を走ってないッスよ」と訴えている。「ええ~、先週25km走ったじゃん!」とも思ったが、その疲れがとれてなかったのか・・。練習になのか疲労なのかよくわからん。というより、結果から見れば疲労か・・。

 20~30kmまではひたすら辛抱。ここで無理すると30km以降が地獄となる。フォアスリートからは5分少々でここを乗り切っている。

 「ネガティブスピリットで30kmからはペースアップ、いやいやイーブンペースだ!」と思ったのだが、それができたのは30~32kmまで。以降は5分10秒台。38kmすぎからはもうメタメタで5分30~40秒台。いやーキロ6分にならんでよかった。とにかくペースよりもピッチの維持だけを気を付けて走る。

 残り数百メートルだけは5分を切るペースだったんだけど、もう体と足はボロボロだった。

 久々にフルで後半きついレースとなった。3時間30分も厳しいとなると防府はキロ5分ちょいぐらいのペースで走った方がいいみたい。例年のパターンでいうとベイマラソンより2~3分防府の方が早いのだが、それでも3時間30分は切れないんだよなあ。キロ5分もきついのかあ・・。

 さて、例によって抽選があったのだがビール6缶が当たった。知り合いに2缶ほど分けた。

 レース後牡蠣雑炊を2杯食べた。家に帰って風呂に入って体重を測ったら、昨日より0.7kg減少していた。大概レース後は前日の体重と変わらないか増加していることが多いのだが、こんなに減少しているのはあんまりない。

 これで、4週間連続レース出場は終了である。気持ちは徐々に距離が伸びていい感じで走れたら・・と思ったのだが、そううまくいかなかった。

 今年はあとは防府のみ。

|

« 芙蓉の人 | トップページ | レース後 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/64519661

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回広島ベイマラソン:

« 芙蓉の人 | トップページ | レース後 »