« ジンギスカン | トップページ | アメリカの »

2016年4月10日 (日)

駅伝マン

(アダーナン・フィン著 濱野大道訳)を読了。

 面白かった。プロローグの「・・・日本の本州西部ある小さな町、本郷町(現広島県三原市)・・」という出だしから身近に感じられる。

 次の「謎だらけの日本長距離界」の章では、「ケニア人、エチオピア人の超高速ランナーが優勝者で、誰もその牙城を崩すことができない。それが世界の長距離陸上界の現状」「ところが、東アジアの小さな島国の住人たち少なくとも闘いを挑もうとしていた。・・・(2013年の)男子マラソン世界100傑のうち、アフリカ出身者以外は6人でそのうち5人が日本人。」「女子マラソンでは世界100傑のうち11人が日本人。選手の数だけみればケニア、エチオピアについで第3位」

 このイギリス人の著者から見た日本長距離陸上界の話なのだが、実業団の閉鎖性に苦慮する著者の姿もある。

 「箱根駅伝」が日本の長距離陸上界の最高峰になってしまって、それが終わるとバーンアウトというかモチベーションが下がってしまう、とか中学高校大学実業団とその時期に(指導者も選手も)常に結果を求められるために、練習のし過ぎ(させ過ぎ)での故障を指摘している。この国のスポーツは選手個人の長期的な展望が持てないようだ。

 それもだけど、著者が「フォアフット」にフォームを修正して痛みがなくなった、というのを読んで、私も現在挑戦中。ここ1週間はつま先着地を意識して走っている。ふくらはぎがピキピキなんだけど。

一昨日は10kmをキロ5分54秒。昨日は2時間走。17.6kmでキロ6分48秒。今日は心拍数の下限を128に設定してハーフを走る。21.2kmをキロ6分04秒。

|

« ジンギスカン | トップページ | アメリカの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/63464922

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝マン:

« ジンギスカン | トップページ | アメリカの »