« ペリー | トップページ | 恐るべし »

2016年4月 3日 (日)

疲労骨折

 いや、足ではなくて(多分)、肋骨である。

 先月末から咳がひどくて止まらないのである。食欲もあって走れるので、そんなに気に留めてなかったのだが、今月に入り、左の肋骨辺りが痛くなった。最初は「もしかして、水曜に心拍数140~150で走ったから?」とも思い、日がたてば治るだろうと思った。

 が、日増しに痛くなった。咳も止まらないためそのたびに肋骨に響く感じ。昨晩から寝返りもしんどくなり、(イタッ!イタッ!ってな感じ)今朝起きてみてここ最近で「痛みMAX」となった。

 で、幸い日曜に空いている内科があり、そこに行きレントゲンを撮ってもらうと・・・

「多分、咳のせいで7番目の肋骨が疲労骨折のような感じになってますね。○○膜の損傷(かなんか忘れた)かも」とか「ヒビが入ってるかもしれません・・。」てなことを言われた。

(調べたら「肋間筋膜損傷」ていうのがあって、その症状がまさに当てはまる)

 豪快に咳をしていたのだが、それも痛くて弱弱しく怯えながら咳をしている。私にとって肝心なことなのだが、「走ってもいいですか?」って聞いたら「歩く程度にしてください」と言われてしまった・・。走っている時には痛くないんだけどなあ。

 肋骨に関しては、呼吸の関係で「コルセットで固定」というわけにもいかず安静にするしかないらしい。咳をすると痛いので(もはや激痛に近い)、咳止めの薬を処方してもらう。

 一昨日は走らず。昨日はアップダウンのあるコースの21kmをキロ6分20秒で走った。心拍数は110を下回らないよう設定。今日は医師の教えを守ってウォーキングのつもりであちこち歩いて1万歩。しばし休養かも。

|

« ペリー | トップページ | 恐るべし »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/63435221

この記事へのトラックバック一覧です: 疲労骨折:

« ペリー | トップページ | 恐るべし »