« 走っていると・・ | トップページ | ストレッチ »

2016年2月 7日 (日)

赤めだか

(立川談春著)を読了。ドラマの予告編だけ見て、「面白そう」とドラマは見ずに原作を読んだ。

立川談志って、こんな人だったんだ。落語の世界でこうなのか、と面白く読めた。

 最初のあたりで、談志さんが赤穂浪士の討ち入りの件について「300人くらいいる家来の中で、討ち入りに参加したのは47人。あとの253人は逃げちゃった。討ち入りに参加した47人は切腹したけど、遺族やらなんやらは拍手喝采されただろう。が、討ち入りに参加しなかった253人は何と言われたか。辛い思いもしたろう・・・落語は、この人逃げちゃった奴らが主人公なんだ・・・」というお言葉が印象深かった。

 他にも多々あるんだけどこれくらいで。

|

« 走っていると・・ | トップページ | ストレッチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/63178078

この記事へのトラックバック一覧です: 赤めだか:

« 走っていると・・ | トップページ | ストレッチ »