« ストレッチ | トップページ | 防府読売マラソン »

2016年2月10日 (水)

笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語

(常松裕明著)を読了。

 面白かった。存命中の方もいて、書きにくいこともあるだろうに、わりと赤裸々な思いを書いてあったような気がする。興味深いところはいくつもあるが、まず横澤さんとのやりとり・・というか、東京で勝手な(?)ことをし始めた大崎氏を怒鳴る横澤彪。ところが、大崎氏が取締役になるときに株主総会では・・・。

 そして、「ミスター吉本」と呼ばれていた木村氏との関係。読みながら、「木村氏が織田信長(トップにまで上り詰められず途中退社したため)で、大崎氏が秀吉?」と考えてしまった。

 さらに中田カウスさんや引退した島田紳助さんとのやりとり。

 前近代的な吉本興業の体質を近代的な「ショービジネス」に変えていく・・とはいいつつ、吉本の昔ながらの「人情」も感じられる大崎氏、といった読後感であった。

 本日16kmのペース走。10kmまでキロ5分03秒。最終的にキロ4分58秒。まあ現状維持。

|

« ストレッチ | トップページ | 防府読売マラソン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/63192528

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語:

« ストレッチ | トップページ | 防府読売マラソン »