« 第32回白竜湖ふれあいグリーンマラソン | トップページ | ペース走 »

2015年11月 3日 (火)

『交通警察の夜』

(東野圭吾著)を読んでいる。あと1話。

 交通事故を取り扱ったミステリー短編集。文庫では短編集の1つ、『天使の耳』が表題となっている。『天使の耳』は信号機の変わり方が何秒で・・・っていうのに頭がとまどったが、ああ、と思わせるような結末。他の作品も面白かった。

 今日も走っていたら、ある塾の前の小道に1台車が止まっていたのだが(仮にA車)、後ろにつけていた車(仮にB車)がクラクションを鳴らしていた。かなりしつこく。B車は道路に出ようとしていたが、A車が邪魔だったようだ。小道はA車が止まっているため、ギリギリ通れるか通れないかの道。

 A車から降りてきた中年女性が、おそらく「通れるじゃない。」といった感じで主張していたのだが、B車はクラクションを鳴らすのみ。B車に乗っている人はどんな人かはわからない。とうとうA車の女性は車を動かして道路を左折。B車は右折していった。

 A車は子どもの迎か何かで止めてまっていたのだろうが、明らかに邪魔な場所だったと思う。『交通警察の夜』にも路上駐車が原因となった事件の話があった。一般人がであるトラブルで最も多いのが車関係だと思う。

 昨日は休養というか仕事が遅くなり走れず。本日2時間くらいのLSDのつもりで走り出し18km。キロ7分22秒。

|

« 第32回白竜湖ふれあいグリーンマラソン | トップページ | ペース走 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/62607931

この記事へのトラックバック一覧です: 『交通警察の夜』:

« 第32回白竜湖ふれあいグリーンマラソン | トップページ | ペース走 »