« 口内炎 | トップページ | 最貧困女子 »

2015年10月18日 (日)

第34回蒜山高原マラソン大会

 のハーフの部に参加。3回目。今回は「MIKAN」に出場したかったのだが、申し込みに間に合わなかったのである。同じハーフならば近場で・・と思ったのだが。

 例によって1時間前からストレッチをしてダッシュを何本かする。朝早かったせいか、家でも途中のトイレ休憩でもビッグベンが出なかったが体を動かしたらトイレに行きたくなり、トイレへ。

 15分前くらいからスタート地点に並ぶ。天気は気持ちいいが、日差しがきつい。往路は上り基調で我慢して走る。最近、平地ばかりはしっているせいか、上りがしんどい・・というか思いのほか抜かれるのである。

 乾燥しているので荒い呼吸をしていると口の中が乾く。給水では口を湿らす程度。それより暑くて、スポンジを必ずとって体を冷やす。

 10kmが45分少々。うーん、まあまあか・・と思いながらしばらく走って折り返す。復路は下り基調なのだが、昨年は3km前で足がくたびれてしまった。今回自重しながら走る。

 ラスト3kmになって、必死で走る。抜かれたランナーにもう少しで追いつけそうだったのだが、それもかなわずゴール。

 一昨年より4分遅かったが、昨年より1分速かった。これで、走るたびにコースワーストを更新していたのが、これで下げ止まってくれれば・・・と思う。まあ、白竜湖は久々に走るのでワーストは仕方ないとして、問題はベイマラソンだよなあ・・。

 帰りは例によって湯原温泉の砂湯へ入る。屋外ですっぽんぽんになるのは解放感がある。アブナイ・・。

|

« 口内炎 | トップページ | 最貧困女子 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/62500276

この記事へのトラックバック一覧です: 第34回蒜山高原マラソン大会:

« 口内炎 | トップページ | 最貧困女子 »