« 国東半島 | トップページ | 2時間30分 »

2015年5月 9日 (土)

スティーブ・ジョブズ

 (ウォルターアイザックソン著 井上耕二訳)Ⅰ・Ⅱを連休中に読んでいて、今もちびちびよんでいるのだが・・。

 アップルの製品をほとんど使用していないが(ipod shuffleのみ)、今更ながら図書館でこの本を見つけて「まあ、借りてみようか」程度の興味から読み始めた。

 翻訳本は苦手で、ジョブズを取り巻く人間関係も無知だったし、さらにカタカナの人名が覚えられず、「誰だっけ?この人」で度々確認・・・・するのも面倒なので、読み飛ばしていった。

 ジョブズについてよく知らなかったのだが、「ふえーこんな人物だったのか~。身近にいたら絶対に嫌な人だなあ。」ということと「まあ、才能あふれるというか驚異の人だからこそ、また何にしても結果的に『成功者』だからいろいろあっても『興味深いエピソード』となって許されるんだろうなあ。」と感じた。「現実歪曲フィールド」って普通ならただの嘘つきじゃん。あと7若い頃ピンハネした話を読んで、「うーん、こういう人でもそうことがあるんだ」ということや近しい人に。信じられないくらい冷淡になることとか興味深かった。

 まだⅡの途中、音楽事業で成功を収めたところである。

 なんと、レビューを読むと翻訳本ではいろいろカットされているらしい。

 昨日は仕事が忙しくて走れず。昨日走ってないのに疲れて、本日12kmのキロ7分で止めてしまう。

|

« 国東半島 | トップページ | 2時間30分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/61564751

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ジョブズ:

« 国東半島 | トップページ | 2時間30分 »