« 恐るべし | トップページ | 夢の階段 »

2015年3月30日 (月)

ペテロの葬列

(宮部みゆき著)を読了。

 『誰か』、『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズの3作目・・・。なのだが、前2作をかなり前に読んでいたため、すっかり忘れている。

 かなり前に読んでこの作品をすぐに読まなかったということは「もう、別にいいかなあー。」と思っていたのかもしれない。

 しかしながら、図書館で見かけ借りて読み始めると、夢中になって読んでしまった。冒頭のバスジャック事件はただの導入で、主人公たる杉村氏に驚愕の出来事が起こってしまう・・。ネタバレになるが、ハッピーエンドではない。じわじわと普通の生活に潜む「悪を自覚しない悪意」。

 過去の2作品を読み返してみたいが、おそらく「もういいかなあー。」と思ったのは、なんとなく主人公の杉村氏の「幸せなような漠然とした不幸」を感じていたのかもしれない。

本日12km。昨日は2時間のLSDで7分10秒で16.8km。

 

|

« 恐るべし | トップページ | 夢の階段 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/61363022

この記事へのトラックバック一覧です: ペテロの葬列:

« 恐るべし | トップページ | 夢の階段 »