« 第22回与那国一周マラソン | トップページ | 与那国(その3) »

2014年11月11日 (火)

与那国(その2)

 その人は20代のランナーで、昨年私に10km辺りで抜かれていたらしい。

そういうこともあって、今年マークしていたそうである。やられた。

 その後の与那国中学校の宴会(夕べの集い?だっけ?)で、ランニングのことやら仕事のことやらいろんな話をその人としたのである。ビールや焼酎をのみながら。私にしては非常に珍しいことであった。

 それぐらい、感じが良い人だったなあ・・と思う。

 んでもって、偶然泊まった宿も近くにあって、翌日の朝に散歩していたら、またまた偶然にあってしまったのである。不思議な縁である。「来年も参加されるんですよね?」と言われた。どうしよう。

 偶然といえば、昨年同じホテルに泊まった、65歳のおじさんも行きの飛行機で座席が隣り合わせになり、お互いに驚いた。このおじさんとはレースの翌日与那国観光していたら、またまた偶然会ってまったのである。名前も知らないんだけど、石垣に別荘的なものを持っているらしい。

 「65歳からはねー、飛行機は当日に安く乗れるんだよー。はやく65歳になりなさい。」と言われてしまった。

 どうやら、この大会は一部の人には「クセ」になってしまう大会なんだろうなあ。

 

|

« 第22回与那国一周マラソン | トップページ | 与那国(その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/60636540

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国(その2):

« 第22回与那国一周マラソン | トップページ | 与那国(その3) »