« 第5回しわいマラソン | トップページ | しわいマラソン反省会(その2) »

2014年9月15日 (月)

しわいマラソン反省会(その1)

 久々に苦しいレースになってしまった。

 内黒峠を下っているあたりで、「んー、昨年と違ってアシガイタイ・・まだ半分ぐらいなのに。」と思い、さらに降りきって、だらだらと平坦な道が続く50kmからのコースでは、「もうリタイヤしようか・・」とそればっかり考えていた。

 昨年履いたシューズは何だったか忘れたが、(ちゃんと記録しておこう・・)今年、本番レース用の「ソーティジャパン」で走ったのだ。長い距離とかアップダウンのコース対応の練習不足もあるが、ソーティは靴底が薄いため下り坂の衝撃がもろに響いた。

 で、時計のバンドも切れた。2000円の安物である。バンドも切れたので心も切れそうになったが、58kmのエイドで凍らせたペットボトルをもらい、「何とかがんばろう」という気になる。とにかく、歩かないことを目標にしてゆっくりでもいいので走る。

 井仁の棚田の登りも走って上る。が、下りが走って下れないのである。少し走ったが、「これは無理。足が壊れる」と思い諦める。例年、ここを走って登って走って駆け下りて後半のタイムを稼ぐのだが、全然ダメであった。

 仕方なく歩いて下る。「もう好きに抜いてくれ」状態である。抜かれることはあっても抜くことはない。

 平坦になり、昨年は83km付近のエイドで足が止まったが、今年はそれだけは避けようと走る。ここのエイドで補給をした後は、何とか「予備タンク」(?)を活用して走る。本日リザルトを見ると、ラストのチェックポイントのタイムのみ昨年よりよかった。時計もなかったので、ゴールに近づいて初めてタイムもわかった。残念ながら10時間を切ることはできなかった。

 タイムを諦めたらいいこともある。今回、エイドによる度にガツガツ食べたのである。果物類はもちろんのこと、味噌汁おにぎりそうめんカキ氷。さすがにたい焼きは無理だった。お腹がパンパンになった。

 いやー、今回のレースはいい勉強になった。

|

« 第5回しわいマラソン | トップページ | しわいマラソン反省会(その2) »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/60317429

この記事へのトラックバック一覧です: しわいマラソン反省会(その1):

« 第5回しわいマラソン | トップページ | しわいマラソン反省会(その2) »