« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

シューズの紐の結び方

アシックスのお店でシューズの紐の結び方を教わった。

つま先の辺りは緩めで、土踏まずの辺りからきつく締める・・・。こうするとつま先が動きやすく、土踏まずのアーチが高く安定するらしい。(理由はうろ覚え)

10年以上走っていて初めて知る方法である。

で、今日その結び方で走ってみた。

確かに土踏まずが安定しているような気がする。ちょっと靴を履くとき面倒だけど、しばらく試してみよう。

本日12kmをキロ5分58秒。眠くてだるくて最初の1kmは6分45秒くらい。そこからわりと調子よく走れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

日本人とマラソン

(武田薫著)を読了。

円谷さんの話では泣きそうになった。結婚を反対した上司って誰なんだ?

君原さんが(いい意味で)意固地なのも興味深かった。

昔はオリンピックのことを「世界大運動会」と呼ぶのも面白かった。そういえば中国語なんていうんだろう?と調べたら、「意味」よりも「音」をとった漢字で面白くなかった。

昨日は結局15km。途中でお腹がおかしくなり2度トイレへ。

本日30km。キロ7分18秒くらい。給水2回。

そうそうアシックスショップに行ったら、「『ソーティジャパン』って、実業団とかの速いランナーが履いて、1度のレースで変えることが多いですよ。」って言われた。

もう88kmも走った俺のソーティの寿命は尽きてるじゃないか・・。もったいないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

ルーチンワーク

いや、「ワーク」じゃなくて「プレイ」・・なのか?

火は20km。キロ6分35秒。

水は休養。

 木は久々に一定のペースで走る練習。15kmが5分29秒だった。6kmが5分44秒。そこから少しずつペースがあがったのだが、昨年は同じ時期に5分切るペースで走れていた気がする。なかなかしんどい。

 んで、昨日はそのダメージがあって、12kmが7分35秒。

 今日は用事があり、走れるかどうか・・。

 年々、練習の量も質も下がってきている気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

剣客商売

 (池波正太郎著)を再び読んでいる。数年前に読んだのだが、多くの話をすっかり忘れていたので新鮮である。忘れることもいいことだ。

 読み始めるとちょっと癖になる時代小説だと思う。同じ作者の『鬼平』はほとんど読んだことないのに。

12kmをキロ6分28秒。なんとか6分台で走れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

思うように

走れない。

 キロ7分で3時間30分。それで30km走りたかったのだが、結果的にはキロ8分近くかかり3時間30分26kmだった。

 自分としては、ちんたら走ってるつもりはないのだが、まったくスピードがでない。スピードって言ってもキロ7分なんだから、ハードな設定ではないのだが・・・。

 今はこれぐらいなんだろう。

 シューズのファース300はまったく問題ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

練習再開

さて、休養もしたし本日より練習再開。が・・・

15km。キロ7分36秒。涼しくなったけど、思いのほかスピードが出ない。

防府読売マラソンがダメだったので、加古川マラソンに申し込んだ。ダメだったら嫌なので16日の0時とともにクリックした。

 どうやら1日ぐらいで埋まったようである。それ程焦らなくてもよかったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

プーマ ファース300

 練習用のシューズを購入。試し履きもせずにネットで。

 今日3km走った(キロ9分近く)が、足が止まって2kmは歩き。合計5km。ちょっと大きかったかな、と思うけど今のところ問題なし。

 昨日は足が痛くて休養。
300

300_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

しわいマラソン反省会(その2)

 今回、出だしからいけなかったのだが、スタートギリギリになりトイレに行きたくなった。長蛇の列である。

 で、済ました後、スタート地点に行く。これで3分前。何とか間に合ったが・・。

走っている最中、どうも靴下がおかしい。かかとからずれている感触。どうやら、しゃがんだ時靴下が靴のかかとより下にずれたらしい。しばらく我慢したが、擦れて大事なってもいけないので、立ち止まって直す。

 15kmまでの砂利道では、ソーティの薄いのがまずくて、度々と尖った石を踏み「いて!」ってことに。まあ、これは想定済みだったのだが、どうも靴の中に小さい石が入り込むのである。これも鬱陶しかった。

 この薄いソーティを履くハメになったのも練習用のシューズの購入をためらい買ってなかったからである。ウルトラは履きなれた方がいいので、練習用でもいいや、と思っていたのだ。今の練習用シューズはもうちびて厳しいので諦めたのである。

 装備に金をかけない・・という主義でもないのだが。 

 時計が切れたのもそうである。私は本番の時計はストップウォッチさえ着いていればいい。ということで、安物を使っている。しかも、このバンドが切れてセロテープで補強していたのである。切れるのも当たり前だ。(ちなみに先週の聖湖は大丈夫だった)

 まったく、自分のけち臭さが嫌になるレースだった。 

 しかも、レース前にランパンランシャツという姿で「タイツなどを着けない。シンプルイズベスト」なんてほざいていたのだ。天罰である。時計が切れてからはマジに余分なものは身につけてなかった。

 スタート前には、ユンケル(400円弱相当)を2本、アミノバイタルの粉末を2袋飲んだ。これはどうだったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しわいマラソン反省会(その1)

 久々に苦しいレースになってしまった。

 内黒峠を下っているあたりで、「んー、昨年と違ってアシガイタイ・・まだ半分ぐらいなのに。」と思い、さらに降りきって、だらだらと平坦な道が続く50kmからのコースでは、「もうリタイヤしようか・・」とそればっかり考えていた。

 昨年履いたシューズは何だったか忘れたが、(ちゃんと記録しておこう・・)今年、本番レース用の「ソーティジャパン」で走ったのだ。長い距離とかアップダウンのコース対応の練習不足もあるが、ソーティは靴底が薄いため下り坂の衝撃がもろに響いた。

 で、時計のバンドも切れた。2000円の安物である。バンドも切れたので心も切れそうになったが、58kmのエイドで凍らせたペットボトルをもらい、「何とかがんばろう」という気になる。とにかく、歩かないことを目標にしてゆっくりでもいいので走る。

 井仁の棚田の登りも走って上る。が、下りが走って下れないのである。少し走ったが、「これは無理。足が壊れる」と思い諦める。例年、ここを走って登って走って駆け下りて後半のタイムを稼ぐのだが、全然ダメであった。

 仕方なく歩いて下る。「もう好きに抜いてくれ」状態である。抜かれることはあっても抜くことはない。

 平坦になり、昨年は83km付近のエイドで足が止まったが、今年はそれだけは避けようと走る。ここのエイドで補給をした後は、何とか「予備タンク」(?)を活用して走る。本日リザルトを見ると、ラストのチェックポイントのタイムのみ昨年よりよかった。時計もなかったので、ゴールに近づいて初めてタイムもわかった。残念ながら10時間を切ることはできなかった。

 タイムを諦めたらいいこともある。今回、エイドによる度にガツガツ食べたのである。果物類はもちろんのこと、味噌汁おにぎりそうめんカキ氷。さすがにたい焼きは無理だった。お腹がパンパンになった。

 いやー、今回のレースはいい勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

第5回しわいマラソン

 過去試走会を含めて、今回がワーストタイムだった。昨年の自己ベストより1時間以上も遅かった・・。でもなんとか完走できてよかった。

 今、足が痛くて痛くてかなわない。詳細は明日書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

与那国島一周マラソン

 おそるべし、である。

今年も参加を考えているというか、申し込んでいるのだが、宿泊やら交通手段でかなり苦労している。

まず、宿泊に関してだが、昨年泊まった所に9月初め、「楽天トラベル」を通して予約しようと思ったら、「満室」だった。

仕方なく、他の民宿を選んだが、全て「満室」。驚いて、与那国の役場に電話すると

「え~そうなんですかー、どこか開いてますよー。(要約)」という返事でいくつかの民宿を教えてもらったが、全て「満室」だった!

 にもかかわらず、何とマラソン参加者の「追加募集」をしているではないか!!もはや島在住の人しか参加できないのではないか?交通手段については、前後の日にちを長めにとれば、航空機もあると思うが・・。

 で、宿泊に関しては、与那国島で働いていた人物から「あそこは、すごい。」という1泊2000円の民宿が予約できた。(オーナーが「うちがどんな民宿か知ってる?」って言われた)

 しかし、最初に泊まろうとしたホテルには不思議なからくりがあったのである。(続く)

 昨日は休養。本日15kmをキロ7分30秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

聖湖マラソン

 に参加。通算9回目となる。

朝は涼しかったのだが、日が昇るにつれ暑くなる。スタート時には32度くらいだったか。例によって、1時間前からウォーミングアップというかストレッチをして、会場と駐車場を少し・・数百メートルぐらい走る。これで準備終了。

 9回も走っているのに、走りながら「前半、下りばっかりだ。こりゃ後半きついぞ。」と、まるで初めて走るコースのように考える。

 10km地点で45分弱ぐらい。イーブンで20kmの1時間30分、残り1km少々で+4分30秒台。後半は登り基調だが、前半抑え気味だったので何とかイーブンペースでいけるのでは?と思いながら走る。

 結果としてほぼこの予想通りのタイムだった。タイム的には昨年の自己ベストより1分少々遅く、9回中5番目だった。最近練習のペースが7分台とぐだぐだなので、どうなるかと思ったのだが、まあ何とかなったといった感じ。

 練習でのペースが遅いので、非常に時間も距離も短く感じた。「あれ?もう10km」「あれ、もう残り4km」っていう感覚。

 まったく別件なのだが、現在、与那国島マラソン参加に向けて悪戦苦闘中である。おかげで、毎晩「国内線ドットコム」や「楽天トラベル」で検索して、ブログを数日休んでいた。

 ホテルは何とか押さえたものの(これについても紆余曲折があり、後日ことの顛末を書きたい)、予定していた11月7日の石垣ー与那国は今日発売で、聖湖から帰って予約をとろうとしたら、もう満席。結局11月8日のチャーター便を抑えていたので、何とかなりそうなのだが、問題は、11月9日の帰りの与那国ー石垣である。昨年もすぐに満席なった。そのため、今年は自力で入手するのを諦め、旅行者に頼んだのが・・果たして手にはいるだろうか?

 さすが日本最西端。参加するだけでも大変である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

故障か

今日も時間がなく10km。

走りながら、わりと足が動いたので徐々にペースアップ。キロ5分24秒。およそだが。

 というのも、ラストあたりで相棒のGH君が異常なペースを表示したのである。「ヘイキンペース、2分25秒」というように。

 で、1kmをジョグで戻ったが、その時も信じられないペースを表示してきた。距離表示も、たった数歩で100mも走ったようになっている。

 ので大体1kmジョグったかな、と思うぐらいの距離でやめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

体重が・・・

 落ちん、というか食欲が落ちない。

 ここ数年62~64kgの間を行ったり来たり。たまに62を下回ったり64を上回ったりするのだが、今年は63~65の間を行ったりきたりである。

 体脂肪計は故障しているので、筋肉が増えたと思いたいのだが、体が1~2kg重くなったのは事実である。こっそりいうが、2kg落としたいが無理だろうなあ。

 うーん・・・何食っても美味いので困る。

 本日時間がなくて6km。キロ6分15秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »