« タイムワープ | トップページ | 球童 »

2014年8月30日 (土)

失踪日記2 アル中病棟

(吾妻ひでお著)を読了。

 ちびちび読んで楽しもうと思ったが、一気に読んでしまった。何か、アル中病棟が楽しそうというか、同じ病を持つものの共同体というか、(もちろん、本当は辛くて苦しいのだと思うが)

「1回ぐらい入ってもいいんじゃないのか?」と思ってしまった。

 自分の書いた絵を「まんだらけ」に持っていったら、「吾妻ひでおっぽい絵」といわれ、その買取料を見て本人が「安!」って叫ぶのが面白かったが、いくらだったんだろう?

 しかし、アル中は心の弱さというより、「依存」という病気らしいのだが、やっぱり「本人の意思の弱さ」って思われるんだろうなあ・・。

 昨日は仕事で遅くなり休養。結果的に疲れがたまっていたのか、いい休養となり、朝起きたら体が「バリバリ~」ってこわばりがとれた感じになった。

 で、走ったら22kmがキロ5分37秒。日差しはきつかったけど、空気が秋ぽい気がした。

|

« タイムワープ | トップページ | 球童 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/60233461

この記事へのトラックバック一覧です: 失踪日記2 アル中病棟:

« タイムワープ | トップページ | 球童 »