« 宿命 | トップページ | マスカレードホテル »

2013年12月 1日 (日)

宮島クロスカントリー

 何年か振りに参加。今回距離が伸びて15kmとなった。

 今回、それほど寒くないと思ったのだが、右肩が痛いので久々にTシャツの上にランシャツという格好で走る。下は相変わらずランパン。

 最初の2kmぐらいは、登りだし人も多かったので「だっるー。体重い・・。」と思いながら走る。最近、走り始めがイマイチなのだ。それならウォーミングアップをしっかりすればいいのかもしれないが、それはそれで体力を消耗するような気がして抵抗がある。

 3km過ぎの上りから、まあ地道に淡々と走る。コースをすっかり忘れていて、「どこまで登り坂が続くのか・・」と思っていた。こういうコースだと、上りでは抜くのだが下りで抜かれるランナーと競争のようになる。(結果的にはおいていかれた・・・)

 狭い道だが、舗装されているので特に心配なく走る。この上り下りが6kmぐらい?そこから多少のアップダウンに平坦な道。折り返しから走った道を帰る。

 さっき走った道なのに、コースをよく憶えていない。(どうも、私はコースを覚える能力がないようである。)「えーと、下ったらどうだっけー?」と思いながら走るが、トンネル付近の上りとゴール手前の上りで踏ん張る。

 そうそう、下りで飛ばしたかったのだが、再来週に防府があるため、「足を壊したら・・」と思い、若干自重する。

 とはいうものの、ラストの下りから平坦な道を一生懸命走ってゴール。タイムは・・・と思いきや、実は時計を忘れてしまっていたのだった。さらに、こういう時に限って、機械の調子が悪かったらしく完走証もない。どうだったんだろうなあ。

 焼きたてのもみじ饅頭と牡蠣汁を食べ、風呂に入った。

 帰って録画してた福岡国際マラソンの川内君の走りのすごさに惹きつけられた。ハーフ過ぎに果敢に飛び出すところ、そしてその後も失速せずに走り続けるところがすごい。見るものを感動というか、応援する気持ちにさせるところなど、変な話、お客さん(視聴者?)を呼べるランナーだと思うし、テレビ的には、それが「プロ」なのかもしれない。

|

« 宿命 | トップページ | マスカレードホテル »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/58679178

この記事へのトラックバック一覧です: 宮島クロスカントリー:

« 宿命 | トップページ | マスカレードホテル »