« 完走証 | トップページ | 「葉桜の季節に君を想うこと」 »

2013年12月28日 (土)

眠りの森

(東野圭吾著)を読了。例によってあっという間に読んでしまった。

 加賀恭一郎シリーズの第2作だった。加賀刑事は結構昔から活躍していること、それとかつては中学校の教員だったというのがわかった。

 昨日も休養。雪に雨に用事で走れなかった。本日もちと用事があり時間が取れず10km。キロ5分57秒。

 久しぶりに、「くいしん坊」でお好み焼きを食べたが、すごい人で雪の中外で待った。次々に人が来る。マヨネーズも自由にかけることができて、この値段でこの味。「食べログ」では星が「3.13」の評価だが、低すぎる。個人的には「4.8」以上である。

 

 

|

« 完走証 | トップページ | 「葉桜の季節に君を想うこと」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/58837453

この記事へのトラックバック一覧です: 眠りの森:

« 完走証 | トップページ | 「葉桜の季節に君を想うこと」 »